火事場の安否確認

-- 刑事さん、あの人です。--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/-- (--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

本職作例と並べてみた。

 ふと,デコマスラボさんの作例と並べた画がないと思い,追加で撮ってみました. 横並びに見比べてひとことで言うならば,ぼくのは汚いですね! なんで本職はこんなスベスベに塗れるのか. スベスベマンジュウガニ. 筆の塗膜は薄いし目や唇の控えめなツヤが頗る上品だ. このあたり是非参考にしたいところですが,半年に1回,時間に追い立てられながら塗ってるくらいじゃ如何にもダメそうです. ひとまずWFが終わった後,目を中心にややいじってみたのですが,さっぱり変化が見られません! これ以上は丸ごとスィンナーに沈しないと無理かもしれない.

 今回,自分で塗ったものの配色は,予め考えていた国連軍もどきカラーです. 当初はグレーのモノトーンに近いものを考えたのですが,何かワンポイントで色を,と思ううちに,公式の白+青カラーに近づきました. 全体に彩度は落とし気味. ソールの白と靴下の黄色がイカす. つもり. 肌の色は,撃剣師範さんから続いたサフレスクリアカラー塗装をやめ,サフレスではあるもののガイアのノーツフレッシュ系を使いました. 顔の造作も若干リアル寄りというか,この出来じゃリアル寄りもヘッタクレもなくて自分で書いてると顔からうんこが出ますが,こう,意識して鼻のキワをややしっかりつくってみるとかしたので,塗装の趣も変えたれ,というわけです. 以前よりナンボかマシに塗れたような気がしないでもないので,しばらくこの方針でいってみようかなと思っているようないないような.



 一方,デコマスラボの広瀬さんに塗っていただく際には,公式のお馴染み配色に近いものをリクエストさせていただきました. ただ,メインの1Pカラーではなく,スパ2 でいうところのこれです.



 結果的には,1Pカラーとの中間のような雰囲気になりました. 1Pカラーはご存知こちら.



 塗り上がった作例を初めて拝見したのはWF当日の会場であり,そこでも抜群のインパクトでニヤニヤが止まりまへんでしたが,ひとたび家に持ち帰って改めて箱から取り出したとき,目を奪われたのが色数の多さと配色の工夫でした. 画像からも窺えるのですが,実物を見ると歴然です. 分かりやすいのは地面とブーツの色使いで,まあすごく綺麗. 会場でも,地面の色が広瀬さんらしい,と訳知り顔で頷き合う団体が散見されました. ドット絵の参考画像からよろしげなアレンジを効かせていただき,冒頭で触れた作業の細かさと丁寧さも相俟って超絶な仕上がりです. 本職の仕事ステキ.
 家にフィギュアを飾ることは基本的にないのですが,これはちょっとどうにかしたい,みたいなことをご本人の前でうわ言のように漏らしたら,「蛍光灯が当たると色が褪せますけぇ!」 と指摘され,確かにそうじゃと途方に暮れました. 明日から暗室で生活するか.
 
 そういうわけで、これをご縁と今後も勉強させていただき,来世に向けて上達したいものです. ああ.









  1. 2016/02/19 (Fri) 00:06:37|
  2. - 019 キャミィ2016W
  

-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。