火事場の安否確認

-- 刑事さん、あの人です。--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/-- (--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スピーカー配備

 学生時代から,いつかスピーカーを買うときはB&W の805,などと思っていましたが,その後,805 はモデルチェンジを重ねてえらく高価格化してしまいました.
 そんな折,2011年に,B&W 45周年記念モデルとして登場したPM1 は,805 よりも小型で格下の位置づけでしたが,高価になってしまったかつての805 に置き換わる存在,などと言われることもあり,価格設定も昔の805の実売と近いものでした. また記念モデルらしく,通常の同社スピーカーとは趣の異なる,木目を残した美しいグロス仕上げの特徴ある製品でした.

 ちょうど同年,転勤になった職場の近所に,飲んだくれが趣味で開いているような小さなオーディオショップがあり,職場のオーディオマニアのオッサンに連れられてお邪魔することになりました. そこで,お客が置いていったというブランデーをストレートでガンガン飲まされながら,805 Diamond とPM1,さらにより安価なCM1 とを散々試聴する機会に恵まれたのです.
 無識の感想としては,805 とPM1 の差分は,両者とCM1 の違いほどには大きくなく,乱暴な分類としては性格が似ている,ただ,余裕がまったく違う,といったようなものでした. ただし,その場で使われていたアンプとプレーヤーは,それぞれ200万円ほどもするクラスの製品で,一方,各ユニットの設置には何の配慮もなく,それぞれのスピーカーも,大量の箱が積み上げられた雑然たる事務所の一角で,アシンメトリにポン置きされているのでした. そんな我が家とは全然違う条件も踏まえた上で,このときの印象から,もし今買うとすれば,音・価格・見てくれのバランスとして,自分にはPM1 が妥当だ,と思うようになりました.
 しかしすぐに決心はつかず,転勤に伴って引っ越した先が,割と造りのしっかりした分譲マンションだったこと,液晶テレビのスピーカーが大いに不満だったこと,とはいえテレビなんかまったく見ることはなく,時折ゲームやBlu-ray鑑賞に使う程度であること,オーディオ用とテレビのフロント用を同じスピーカーで兼用してよいものか迷うこと,など,様々な思いや事情が渦巻く中で,毎回ほしい物リストにあがっては優先度を下げられるのがスピーカーでした.

 へべれけ試聴から3年近く経った先日,晩メシを食いに立ち寄った秋葉ヨドバシで,普段はまず行かないオーディオフロアをうろついていると,まさにPM1 の展示品が現品限りで安く売られているではありませんか. そこで衝動買い,となった訳ではありませんが,帰宅後になんとなく,あの値段はどういうものだったのかと調べてみると,価格コムの最安より3万円ほど安い. と同時に,なんとPM1 はつい最近ディスコンを迎えて今は店頭在庫のみである,記念モデルだけに後継機もない,という情報を得ました. ちょうど数日前に,CMラインが一新されたニュースを見ていたので,おそらくCM6 あたりでPM1 の穴を埋めるのだろうと思われました.
 こうなると俄に事情が変わってきました. このところいろいろ買い物してしまったけれど,急がないとPM1 の在庫は払底してしまう. CM6 は見てくれが好みではない上に,発売直後で値段も高い. 3年後にスピーカーがほしい,と思ったときに,買いたい製品がないのは困る. 翌日はそわそわしながら仕事へ出かけたのですが,道楽人の傾向を持つ同期に事情を話すと,さっさと早退して買ってこい,要らなければ売ればいいだけのこと,何を迷う必要があるのか,などと言います. 結局は午前中のうちにヨドへ電話して,取り置きをお願いしました. 当該の展示品はアウトレット扱いで基本的に取り置きはできないと告げられたのですが,当日1日だけなら待っていただけるとのこと. さらに,その展示品は限定カラーのバーガンディということでした.
 やや早めに職場を出て,20時頃にアキバヨドへ到着. さっそく現場に向かうと,例の展示品には「ご成約済み」の紙が貼り付けてあります. 試聴は十分していてあとは見てくれだけの問題なので,矯めつ眇めつ眺めるのですが,どうもバーガンディは好きじゃない. 通常のモカグロスの方がいい. しかし通常新品は5万円ほど高い. それだけ確認してから場所を移し,長考に入りました. 低所得者然として年齢不詳な風体と,不健康不景気な顔つきで延々とテレビ売り場の椅子にうずくまる私は,さぞかし目障りな存在だったことでしょう. 1時間半ほど経った頃,買うなら通常品,というところまでは決めたのですが,そもそもこのところ弛んだ日々を送っている自分がこんなに度々のんきに買い物などしてよいものなのか,いよいよ一人で悩みこんでしまい,「決心がつかん」 と複数の知り合いにメッセージを発信したところ,返ってきた反応は,一様に全力で背中を押すものでした.
 閉店の22時間際,テレビ売り場の椅子をすっくと立ち上がった私は,B&Wコーナーに引き返し,取り置きを頼んでおきながら申し訳ないことに通常品がよいと思っていることを詫びつつ伝え,テレビ用を兼ねても不自然ではないだろうか,このスピーカーをサラウンドシステムの一部として鳴らすには相当ハイクラスのAVアンプを用意しないといけないのではないか,などの質疑応答を済ませ,アキバヨド最後の新品在庫を,ありがたいことに大きくまけていただいた上で買い求めたのでした.
 
 さしあたって,非力なアンプと,通人が見たら卒倒しそうなクソセッティングで聴いていますが,とてもよい買い物をしたと思っています.

----
CDP (PRIMARE CD21)

AMP (marantz PM-17SA)

SP (B&W PM1)

----
TV (KDL-46HX920)

DAC (Cypress DCT-3)

AMP (marantz PM-17SA)

SP (B&W PM1)

----
スピーカーケーブル : BELDEN 8470
バナナプラグ : audio-technica AT6303







スポンサーサイト
  1. 2014/09/29 (Mon) 03:42:52|
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。