火事場の安否確認

-- 刑事さん、あの人です。--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/-- (--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

三代目展示台

 招き猫 (新作) と撃剣師範さん (再販) のショボイ量産が終わった今,何をしているかというと,展示台をつくっています.

 人形サークルふてね体がイベントで使う展示台は,現在のもので二代目です.
 
 初代は,ハンズかどこかでちょろまかしてきた,なんでしょう,「台」 というより他にないのですが,左右の脚で1枚の棚板を支えただけの台です. そこに,そのへんで拾ったダンボールを背板としてガムテで括りつけ,布切れを垂らしたもの. これを初参加のWF04S からWF09S まで,WHF を含めて実に7回のイベントで使ったのですね. つうか初参加が2004年かよ. なんと歳月の流れるのは絶望的に早いことだ死のう.

 その後,棚板1枚では手狭になったことと,客 (身内) に面と向かって 「卓の見た目がショボい」 とバッサリいかれたことを苦にして電車に飛び込み,2枚の棚板を持つ二代目の製作に取り掛かりました. 設計は私が担当し,工作はふてね隊長によるものです.
 これはなかなか好評で (評判を聞いたことはないけれど),WF10W からWF13W まで,5回のイベントに出動したのですが,ついにキャリアの(゜…゜)君から,そのあまりの重さに泣きが入りました. それもそのはず,棚板を4mm厚から9mm厚へ増強した後期型の重量は,なんと6-7kgにも達したのです. 小柄な(゜…゜)君は,ただでさえ普段から荷物が多く,いつも何が詰まってんだそのカバンには,夢か? 思い出か? という米俵のようなバッグを黒々と襷掛けにし,重量級の二代目展示台を担ぎ,空いた手に魚眼つきのNEX-5 を持って,真夏もしくは真冬に行軍中の我々を延々と動画撮影する,という極めて無茶な任務に就いてくれているのです.
 
 これはさすがに,いかに後輩といえども処遇を改善しなくてはいけない,ということで,今回,三代目に着手した次第です.
 設計目標は明快で,重さ以外の可搬性と積載能力を据え置いたまま重量を半減することです. 加えて,妄想を進めながら,布切れの撤廃と見栄えの向上を考慮しました.
 偉そうに書いておきながら,いざ作り上げたら重いし弱いし全然ダメでした,となると目も当てられないので,詳細は次回に譲りますが,今は材料がひと通り揃って,これからいよいよ工作を開始するところです.
 
 なお,運搬には,リュックタイプのキーボード (楽器の) ケースを使う予定です. 調べてみると,鍵盤屋の人は,同じサイズ感で10kg くらいの機材を背負って歩き回っているようなので,耐久性は問題ないでしょう. もっとも,カートを使う方が多数派かもしれませんけれども.


【スペック】

■初代
・棚板サイズ:600x250mm (1段)
・棚板の高さ:180mm※
・背板の高さ:不定 (そのとき拾ったダンボールに依存)
・重量:不明 (りんご3個分くらい)

■二代目
・棚板サイズ:700x250mm (2段)
・棚板の高さ:300mm,500mm※
・背板の高さ:800mm※
・重量:6-7kg

■三代目
・棚板サイズ:800x250mm (2段)
・棚板の高さ:300mm,580mm※
・背板の高さ:860mm※
・重量:3.6kg (推定)

※床からの高さは,卓の高さ70cm (WF の場合) を加算




スポンサーサイト
  1. 2013/06/21 (Fri) 00:16:42|
  2. お人形一般

続・三代目展示台

 ほぼ形になりました.
 
 重さは,設計値の3680gに対して3450g. 若干軽くなりました.
 棚板1枚の耐荷重は,許容曲げ応力度の観点から,中心荷重で17kgf 程度 (計算間違ってると思うw) らしいのですが,試しにダンベルをバラして,10kg をそれぞれ2段に適当に分布させてみたところ,特に危険はない様子でした. 常識的な重さのレジン人形のっけて飾る分には何の問題もないでしょう.
 水平荷重についても,実用上の不都合はなさそうです. 実は,躯体を組み上げた後に左右の部材に歪みが生じて,力いっぱいねじったりしたのですが,ビクともしませんでした (微調整を経て歪みは概ね解消).
 
 躯体は,15mm厚の杉板材をダボ接ぎしたものです. 1段目部分と2段目部分で分割されますが,余ったダボで適当にジョイントというかなんというか,「片方にダボを打って他方はバカ穴」 的な仕組みをつくって互いに緩く固定されるようにしています. ダボ穴は,タミヤの 「モデリングドリルチャック」 にダボ錐をぶっ挿して手回しで切ったので,頑固な木目に刃先を持っていかれて精度もウンコだし,手は激疲れするし,作業の翌日は手首がおかしな筋肉痛になって手淫に支障をきたしました.

 棚板は,やはりダボ接ぎした杉板材の枠に,ポリエステル化粧合板を貼り合わせて,片面フラッシュ風にしています. 合板のポリ層は,端面から剥がれそうな兆候があったので,気休めにもならんとは思いながら,切断面から上面のフチ2mm程度にかけてニスを塗り重ねてみました. 結果,思うことは,たぶん気休めにもなりません. 切断面は,ニスを塗る前にアクリル絵具で朱色気味に塗っています.

 背板と側板は,5mm厚のスチレンボードを,寸法だけ合わせてそのまま使ってます. 本体への固定手段にはベルクロテープを使用. 1段目と2段目の背板下辺にあたる部分は,躯体の梁を予め切り欠いているので,この切り欠きで背板の支持と位置決めをしています.
 
 というわけで,目標はめでたく達成されました. 躯体にはオイルステインを塗ろうかと思いましたが,カネがかかるのでやめました. この後,ハンズでゴム足買って貼り付けて (ダイソーに適当なのがなかった) おしまいにしようと思います. ああ,あとキーボードケース買わんと.




  1. 2013/06/27 (Thu) 23:18:37|
  2. お人形一般

猫配色案

 週末に猫を塗ろうと思います. 配色はこんな感じかなぁ.





  1. 2013/06/28 (Fri) 00:58:41|
  2. - 014 招き猫
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。