火事場の安否確認

-- 刑事さん、あの人です。--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/-- (--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

事前落書き

 先日,不貞寢體の会合に遅刻して参上したらば,次回作について触れられまして.
 
 「今まで絶対つくらなかったようなのって何だろうって話してて」
 「当てられると思います」
 「目が大きいやつ?w」
 「今までに比べればw」
 「シュタゲ?」 「ブラクラ?」
 「もっともっとやらなさそうなやつ」
 「ミク?」
 「あれはつくられまくってるし,いっぱいいいのがあるから..」
 「ゲーム?」
 「ええと,はい」
 「アイギス?」
 「や」
 「Fate とか?」
 「や,でも近い?かも」
 「◯◯?」
 「あ,せいかい」
 「えええええ」
 
 的な.
 思ったより驚かれたw
 
 ポーズを妄想してみました. あからさまな貧乳も初めてだし,まともな服着てるのが初めてだな.
 しかしこれ,研究室の後輩先生は認めてくれるだろうか? やっぱりなんか違うってダメ出されそう.




スポンサーサイト
  1. 2011/07/08 (Fri) 02:09:24|
  2. - 010 妖夢

顔作成

 メガネ屋の前を通りかかって 「メガネクリーニングサービス」 という文字列にクンニリングスを見出した. 疲れてるのかな.

 気がついたらWF が終わってた. いかがな具合だったんでしょう. ディーラーや入場者の数は減ったのか? 入場システムに導入した新ネタの評価はどんなもんなんでしょうか. 自分が買うにしろ奇特な方にお買い上げいただくにしろ,開場直後の攻防には影響がないので個人的には関心が薄いのですが.
 
 さて,新作の顔です. リアル系だと 1/8 に相当しますが,等身がどうなるか分からんので身長はまだ不明です.
 アニメ顔を目指して下半分をコンパクトに,全体に平板な造作にして尚且つ独自色を,とか思いながらスカルピーを練ってみましたが,やっぱり個性に乏しい. 本人の性格が無難すぎるから作るものも無難になっていけません.



 ところで 「個性」 という字面を見て,反射的に 「個体の性質」 を意味する言葉だと考えていたけれど,どうも日常で使われる文脈を落ち着いて眺めるに 「(その個体に特有の) 他とは違う異質性」 を指すんだろうか,とふと思った. 今更かよ.
 個性を personality や individuality と訳すならば (もしくはそれらの訳語とするならば), 「個性がある/ない」 「個性的」 「没個性」 というような言い回しに違和感がある. personality や individuality がない人物はいないだろうから. 一方で 「他と違う異質性」 なら,例えば 「独自性」 とでも言ったらいいんじゃないのか. 「独自性がある/ない」 「独自性豊か」 「独自的な服装が悪いとはいいませんが学校の外でしなさい」, 概ね換言可能に思われる. 偶然ながら上の本題でも 「独自色」 とか使ってますな.
 「個性」 っていかにも外国語を訳した言葉のように見えるけど,もしや当初の思惑からすれば誤用の方が定着したのではなかろうか. そして personality や individuality に対する訳語としては 「人格」 や 「人柄」 が本来の意味で残った,というような. 「人格」 は訳語っぽいけど 「人柄」 は違いそうだな.
 答えは解らず,というかあまり追求してません. やばい,このままだと 「個性」 を下手に使えない.
 ちなみに 「没個性」 って辞書によっては載ってなかったりします. 現代用語的な扱いなのか. 話が逸れた. 逸れたまま戻りません.


  1. 2011/07/27 (Wed) 01:55:55|
  2. - 010 妖夢

ウンコ人間

 人形の髪の毛どうすっか,と思って漫然と髪型関連の情報を漁っていたら 「栗山千明が前髪ぱっつんをやめてその魅力の7割を失う」 というまとめ記事がひっかかりw,その後,数十のページを経て,酒井若菜さんのブログに流れ着いた. 普段テレビを1mm も見ないもんで,いまだにグラドル時代のイメージが強かったけど,とっくの昔にずいぶんと違ったキャラクターになってたみたい. というか,彼女が自分の言葉を話したり物を書いたりしてるところを見たことがなかったので,外面以外には何のイメージも持っていなかった. けれども,ブログを眺めてちょっと驚いてしまった. 凡百な人間があまり考えなさそうなことを,同じくあまり使わない日本語で綴っていることがある. 思考内容や,行間に滲む人柄に共感するところが多くないので,長くは読み続けられないけれど,表現や言葉の選び方が一味違う. そういえば何年か前に小説を出したという話を聞いたことがあった. 巷で賞賛されていたのはこのエントリ (もう2年前だけど). ただしこのときは特に日本語が秀逸という訳ではない.

 そこでハタと思い出して,小明さんのブログを読みに行ったら相変わらずだった. 3時だの4時だのにシリアスにこじれた高級厨二病的記事が僅かに散見されるあたり,どうやっても俺にはこっちの方が合ってるや,と思って安心して熟読しまくってしまい,気づけば6時半を回った. と,7時間前まで飲んでた酒の影響もあってか頭痛が発生. ここで頭をよぎったのが 「寝違えて首・頭・眼の奥まで超絶頭痛. 脳の血管切れたかとおもたwww」 というトゥイートゥから1時間で音信不通,直後にクモ膜下で急死したニコ動歌手の話でござった. ビクビクしながら寝ます. 髪の毛は1mm も進まず. そんなもんですよ. さすがあかるちゃん寄りのウンコ製造機.




  1. 2011/07/31 (Sun) 06:49:24|
  2. 与太話
  

-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。