火事場の安否確認

-- 刑事さん、あの人です。--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/-- (--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

F3HP

 10年近く前,北海道の女子高生にもらった (なんだそりゃ) ペンタックスS2 以来のマヌアルキャメラが今,目の前にあります. 今度はストックホルムの女子高生からの貢物です. 嘘です.
 ボディ単体で転がり込んできたので,とりあえず手持ちのレンズで唯一釣り合いそうなマクロプラナーをくっつけてみました. か,かっこいい... ふぅ...
 
 このカメラに関する説明を読むと,大抵の場合はデザイナーの名前が書いてあるんですが,その人名表記が 「ジュージアーロ」 なんですね. 私は受精する前後から自動車がdaisukiで, あれ,なんでローマ字に変換されたんだ? とにかくdaisukiで,クルマを愛するあまり長じてペーパードライバーになったんですが,それはさておき彼の名前は 「ジウジアーロ」 と覚えていました. カメラ業界とクルマ業界,どんな経緯で差異が生まれたんだろう. どことなく 「ジュージアーロ」 の方が古い日本の外来語表記という印象を受けます.
 
 まあそんなことより,ファインダーの見やすさですよ. なるほどこのレベルに慣れきってる人にしてみれば,D700 のファインダーは極めてウンコ,みたいなことを言うのかもしれません.
 惜しむらくはシャッターが電気制御であることでしょうか. 申し訳程度に非常用の1/80 シャッターは機械制御なんですけども,ライバルのNEW F-1 やLX のハイブリッドが羨ましいです. 2010年でオフィシャルの修理受付も終わっちゃったし※,壊れたらもうオシマイかしらと不安.
 また,みなが口々に賞賛する巻き上げの感触には,それはそれは痺れまくりますけれども,D700 なんかに比べちゃうと,ボタン類の操作性が意味不明なほど悪いところがあります. 露出補正,ISO 目盛の設定,裏蓋ロック解除あたりの酷さは,未開人が手がけたとしか思えない. この時代,まだユーザインタフェースが真面目に研究される前だったのでしょう. F6 とかどうなってんのかな. 別に変わってないのか. 俺がおかしいのか.
 ちなみにF3 は,1980年に発売されてから,F4 が出ようがF5 が出ようが知らんがな,ということで実に2000年まで生産が続いた名機で,この個体は85年9月製造のようです. 製造番号としてはケツから1/3 くらいなんですが,やはり晩年はだいぶ生産量が減ったんですね.
 
 話は微妙に変わりますが,NEX-5 の外付けマイクもヒョンなことから入手しました. 操作性という点では,2011年にもなってこの圧倒的な取り外しのしにくさは,設計者は頭からウンコをかぶって家から出ない方がいいんじゃないかという不満を抱かざるを得ないほど最悪です. それさえなければ,耳から栓が抜けたように音が改善しますし,いちいち気になる録画ボタンの押下音を拾うこともなくなりました. 何より吹かれに強くなったので,WF 入場の模様とかを (゚…゚)君に撮ってもらうときなんかも快適になるであらう.

 ああ,なんか普通に面白くもない上に,何の情報にもならん記事を書いてしまった.



(※ と思ったら修理期間が延長されてた! さすがニコンさん)


スポンサーサイト
  1. 2011/04/03 (Sun) 08:19:22|
  2. 写真・キャメラ

食えなくなった

 吉祥寺どんぶりでニラもやし丼をモソモソ食ってたら,大盛りを注文した隣の兄ちゃんに店員さんが話しかけている.
  「今日の昼間,女の子で 『破壊王』 食べた人がいたんですよ」
 帰宅後に調べてみると,破壊王は,ご飯が倍,肉が5倍というものらしい (普通盛りでもちょっと多めのお店). どこかの大学の剣道部の子だったようで,写真撮らせてもらえばよかったですw と店員さんは悔しがっておりました.
 過去にはアムロさんが来たこともあるそうだ. かわいい子が食ってんな,と思ってたらナミエさんだった,お客さんも結構気づいてませんでしたよ,という.
 そこまで聞いたところで食い終わってしまったので,続きが気になったが店を出た.

 私は子供の頃,オカワリだの大盛りだのまったく無縁の少食で,それが高校を出たあたりで突然人が変わったように食い始め,同時に半年で13kg 痩せて46kg になった頃 (というか,半年後に,なんか痩せたな,と思って体重計に乗ったら減ってたという話なので,痩せるのに要した期間は不明. 身長171メートル),ココイチの1300g カレーを1600g に増量して12分で食いました. 分量は至って適正でほどよい満腹感でしたが,カラいのが苦手だった私にはそこが厳しく,夏の盛りに汗汁まみれになりました.
 ということを無目的に書いていて思い出した. 大学4年かM1 の頃 (体重49kg くらい),学校の前のメシ屋でカツカレー大盛りを食ったとき, 同席してた大食いの友人が 「普通のカレー食うスピードだよね」 とニコニコ満面の笑顔で感想を述べてましたが,あれは何g くらいだったんだろか. 今ググると,そのカレーの話題は引っかかるけど,分量の具体的な情報は見つかりません. 当時,量に関してはほとんど印象がなく,ただ,腹が減れば部屋のカーテンをちぎって食ってるような貧乏学生には,高価でなかなか手が出ない,というイメージでしたが,とある大食い系サイトの管理人によれば,二郎の大ダブル野菜マシよりもこのカツカレーの方がキツかったらしい.
 就職した年に初めて食った品川二郎の大ダブル (野菜ダブル) には非常に感銘を受けまして,うまいし量もちょうどいいし値段も手頃だし,俺は一生これを食って不健康に死のう,と思っていましたが,3年後には食えなくなりました. ということはあのカツカレーもとても無理だろう.
 そして今や,吉祥寺どんぶり普通盛りで十分です. 二郎も 「小」 しか食いません. 体重は56~7kg です (高校時代より筋肉がついたので,見た目にはまだ痩せてると言われるけども). 18歳から10年弱の間,あの無駄に食った時期は何だったのか. 何にも得たものがない. これが10年前にシフトしていたならば,もうちょっと背が伸びたりしなかったかしら.
 さて,アイスでも食うか.


(※ 追記 : 破壊王は総量1600g とのこと. ちょうど昔食ったココイチのゴハンと同重量だった. カレーが何g だったかは分からん)


  1. 2011/04/10 (Sun) 03:06:38|
  2. 与太話
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。