火事場の安否確認

-- 刑事さん、あの人です。--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/-- (--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

手作り模型 エスカレータ

 手作り模型 エスカレータ に一致する日本語のページ 約 5,230 件

 日曜日は手作り模型のイベントを欠席して熟睡してたんですが,昼ごろ起きて画像掲示板を見たら,某所エスカレータ事故で負傷者発生とあり,サムネイルにどう見ても心当たりのあるエスカレータが写ってるじゃないですか.慌ててふたばの模型裏に急行したらやっぱりか.ていうか急行先はふたばで正解だったろうか.

 あのエスカレータが滑り落ちたら怖いですね.かつて写真撮った記憶があったので探してみたら,06年冬のWF のときに撮ってたようだ.
 これ,今になって思えば何が撮りたかったんだろう

 販売イベントという側面から見たWF を巡っては,ずっと以前から,前々日にも始まる徹夜行列や闇ノート,飽くまで自分の買い物を有利に進めることを目的として参加するディーラー,転売屋の存在,など多くの弊害が指摘されていて,それらに対する有効な策が講じられない状態が続いています.
 今回の事故のような,行列にまつわる問題や開場直後の混乱を回避するためには,やはりタマ数の少ない商品を早い者勝ちで争う仕組みをやめて,整理券配って抽選方式にでもするのが理想的なんでしょうかね.実行してるディーラーさんもいたようないなかったような.仮にそれが浸透すると,ディーラーダッシュ目的の人間も減り,不条理に抽選を漏れたマトモなディーラーが涙を飲むこともなくなる.
 転売屋はどうしようもないでしょうか.私の拙作も,正規品?の作例なんぞ目にした試しがないし,それこそ感想聞く機会なんか滅多にないけれど,皮肉なことに海外の海賊版屋のサイトを覗けば,いろんな人がいろんな解釈で完成させた写真がいっぱい投稿されていて,それぞれについて感想や意見が交わされてたりするみたい.

 ひとまず今回は大きな怪我人が出なかったのがせめてもの救いですが,代えの利かないイベントなんで,今後の開催に支障がないことを願うばかりです.

 と思ってたら,今度はトレジャーフェスタってのが始まるんですね.



 キャミィさんのポーズがなんだか納得いかない.見る角度も限定される気がする.

 あー難しいな.
 まあいいや,今後かっこいいポーズが思いついたらまたそんときに作ろう.

 あ,ちょっとしゃがませてみようかな.


スポンサーサイト
  1. 2008/08/05 (Tue) 02:25:29|
  2. - 006 キャミィ

チョーきもちよす

 変態だ!

 間違えた,大変だ!

 何が大変ってアナルを拡張し損ねた.やっぱり変態じゃねえか.

 職場で脱糞する際には23階の便所に向かうのが常なのですが,今日たまたま14階で脱したらヲシュレットの水圧が尋常じゃなかった.
 何あれ.うちの社屋は汲み上げ式? 地下2階とかでやったら肛門から闖入した鉄砲水は一気に脳天を突き抜けて愚息も昇天ですか?
 咄嗟に水圧 「弱」 ボタンを乱れ打ちして難を逃れましたが,14階の住人は日夜あんな設定で菊門自慰に励んでるわけだな.

 待てよ.あの水圧が男女の便所に等しく供給されているならば,5階総務の妙齢女子群などは来る日も来る日も相当に荒ぶった迸出にその濡れそぼった震える秘肉を悸
 ところで先日,電器屋をうろついていたら,全然購入予定のなかったヴルーレイレコーダーを なんか知らんが買ってしまったので,絶賛開催中の中華オリンピックを録画してハァハァしたりしてるんですが,相変わらず民放のアナウンサーは知能と品性が低すぎてテレビをぶっ壊したくなるね.
 俺がバカ正直に受信料払ってる先はNHK なんだから,NHK の放送で他局の人間にしゃべらせんなアホンダラ. 「パパはチャンピヨンなのにどうしてかてないにょ?(50回リピート)」 とかどうでもいいんだよハゲ.

 閑話休題.

 さて,WF の次回開催は未定になってしまいましたが,ぼくのキャミィは果たして陽の目を見るのでしょうか.
 前回から多少ポーズを変えてみたけど大して変わり映えがしないです.面白みのないポーズだ.それでも左手と右足に微妙な蛇足気味の表情をつけてみようかと考えております.
 あーでもないこーでもないと往生際悪く腕の針金をクネクネいじりながら背中に肉を盛ってみました.次は肩と腕ですな.あんまり上半身のボリウムが出過ぎないように注意しなくては.おっぱいは一旦盛り付けた後,かなり削ぎ落としたんですが,もっと削いでもよかった.肩幅は十分意識して抑えよう.

 あゝ,閑話の方が長かった.




追記 :
 さっき女子バレー見てたら,いまどき殊勝にもブルマを装備したベネズエラ選手の中に,まだまだアドケナサの消えない超絶美形,まさにカリビアン (エロ動画サイトじゃないよ) キャミィといった風情の選手を発見しました.17番の人.1992年生まれの192cm だとよ.きっと便所で横に並んだら俺の頭上2cm の高さにチンコがそそり立つって寸法ですよ.まあ女子選手なんですけどね.


  1. 2008/08/12 (Tue) 02:38:32|
  2. - 006 キャミィ

おまかせピタゴラス

 いやいやいや. オリムピック特需の波がこんなネットの最果てみたいなウンコページにも及んでるって話ですよ.
 日夜, 「ベネズエラ 女子バレー ブルマ」 とか 「女子三段跳び 股間」 とかいう検索ワードで飛んでくる人がいる.



 昨夜,大槻ケンヂのオールナイトニッポンを聴いてたら,YOU がゲストに出てましてね. フェアチャイルドの.
 いやーYOU かわいいなYOU. いつの話してんだ. 昨夜の話なんですよ. すなわち1991年1月. まだYOU が天使と呼ばれていた頃,私が中学生と呼ばれていた頃です. おお,俺はもう中学生だったんか.

 ここで言う 「かわいい」 というのは,例の声と言葉遣い,絡みのスタイルという三要素に大別されるんですが,一番目と三番目は彼女にとって半ば恒久的な個性であるから,2008年現在,テレビでしゃべる姿と比べて大きなギャップはないのかもしれない.
 もっとも,15年以上の歳月を経て声はやはり変わったし,「スレた」 とか 「尊大になった」 とかの,精神的・心境的な経年変化による違いも無視できないレベルではありますが.

 しかし二番目の要素には決定的な時代の隔たりを感じる. 多分に80年代の趣向を孕んだこの台詞回しの再現を現代に期待するのは現実的にもはや不可能であって,まず永遠に失われたと思っていい.
 振り返れば当時,小学校や中学校の同級生女子にも似たような話し方をする子がいた気がするけれど,そんなしゃべり方を好んで使っていたのはどういう層だったんだろうか.
 その頃の私のテリトリーというのは,まったく家と学校のみに限定されていたといって差し支えなく,あまつさえ他人の趣味にまったく興味がなかったのだから,今となっては思い出しながら分析することもできない.

 ともかく,この三つの要素が一体となって,視覚情報を持たないラジオというメディアを通して伝わってきたとき,再現不可能性ノスタルジイみたいな感傷をも伴ったかわいさを覚えるという寸法の様子.

 ちなみに彼女はちょうどこの頃,その特異なキャラクターをダウンタウンに見出され,やがて音楽活動から今のスタンスに至る方角へ転身することになる.

 この日のゲストにはYOU の他に山崎ハコと伊集院光がいたんですけど,今の俺より年上なのはハコさんだけだ. 伊集院に至っては23歳になったばかりで,他のゲストにもイマイチ認知されていないらしい.

 その後の各氏がどうなったかといえば,伊集院光はラジオで成功して知名度を上げ,相変わらず絶大な支持を受けるラジオ活動と並行してテレビでもすっかりキャラを確立したし,山崎ハコは紆余曲折を経たようだが,今は当時とそう変わらない位置に落ち着いているように見える.
 大槻ケンヂは,後に訪れる突然のバンドブーム終焉とともに一斉に消えて行ったバンドマン達に対して,早くから他方面での生き残りに活路を見出し,立派に食いつないでバンド活動も続けている. なんとNHK で筋少の復活ライブが大々的に放送されたりもした.

 あの日,有楽町のスタジオから分かれてそれぞれの道を歩いて行った4人の間に今でも交流はあるんだろうか.
 20年も経とうかという今,しがらみなく当時のまま楽しそうにしゃべる4人の話をまた聞いてみたい気もするけれど,昨夜私が感じた郷愁はそこにはないかもしれない.

 オーケンは新宿で 「のほほん学校」 というトークライブを毎月やっており,私は地下深くの閉鎖空間で開かれるこの催しに行くたんびに,ああ,今このビルで火事が起きたら絶体絶命の燻製死だな,などと恐怖を感じたものですが,しばらく行ってないなぁと思ってるうちに,今年ついにイベント自体が終わってしまった. ずっと続いていくような気がしていたのでショックでした.
 まあ,あの人,気分屋だから,そのうちやりたくなって再開するのかもしれんけど. 筋少が復活したように.


  1. 2008/08/19 (Tue) 03:00:07|
  2. 与太話

キャミィさん腕肩

 WF が延期になったぜ. このまま中止ですかね.

 キャミィさん,脚の格好を散々悩んでいじり尽くした挙句,気がついたら何やら上半身に力が入ったので (俺が労力を注いだ,という意味ではなくキャミィさんが力を込めた),それに見合った安定感を出さないとおかしいと思い至り,左右の開き具合を少し揃えてみまんた. 靴底もベッタリ着地させようと思います. これでソール裏を工作する手間が省けるけど,結局ポーズが超普通に戻ってしまった.
 ああ,作り手のクソ真面目な制服性格が邪魔をしていつも奇を衒えない. しかも優柔不断なんでこれでもまだ確定じゃない気さえする.



 上半身の続きについては,「肩幅狭く」 を自分に言い聞かせながら取り組んだらちょうどよくなった気がします. 腕の太さが半分くらいしかない 「へっぽこさん(背はほぼ同じ)」 と比べてほとんど同じ肩幅だった.
 でも調子に乗って血管を浮かせたので,一般受けには程遠い様子. 一般受け狙ってないけど.




  1. 2008/08/24 (Sun) 09:21:39|
  2. - 006 キャミィ

小明さんという人に会いに行った

 泥のように酔い潰れて,というほどでもないが,飲んで帰ってウンコして寝て起きたら,ふてね体 報道班の(゚…゚)君からメールが来ていた.

「やい引きこもり.小明さんが店長だから中野に来い」

 ええと,コアキさん? 誰だそれは.
 毎度おなじみ人生の閉塞感と軽い二日酔いのために,小明店長を事前調査する気力も湧かず,何の予備知識もないままに雨中ともあれ中野へ.

 なにやらV系バンギャル風のお嬢さん方が三々五々雨に追い立てられて右往左往している駅構内を抜け (後から知ったことだが,サンプラザでアリス九號さんのライブがあったらしい),小明さんが半日店長を務めるという,ブロードウェイの本屋へ向かった.この建物に来るのも1年ぶりだ.
 店の前には軽く行列ができており,入り口から中を覗くと,店内奥にメイド気味な衣装を着込んだ小さい女の子の横顔がチラチラ見える.

「ああ,あれがアカリさん?(コアキさんじゃなくてアカリさんと読むのだと教わった)」

 と(゚…゚)君に尋ねるが,彼も現物を見るのは初めてだそうで,いまいち要領を得ぬ様子.
 行列に並ぼうか並ぶまいか,しばらく近所をうろうろしていると,店からおじさんが出てきて整理券を配り始めた.40分後にまた来てくれというので,ラーメン食って時間を潰し,指定時刻に店に戻るが,どうも一人一人のお客にかなりじっくり対応している模様で,まだまだ15人以上が先に並んでいる.まあ,時間も中途半端で他にやることもないので,おとなしく待つことにした.
 その間,(゚…゚)君から,小明さんに関するバックグラウンドをほんの軽く解説してもらうが,ほとんど人物像を脳内構築することもできず,いったいファン層はどんな人々だろうと周囲を観察すると,総じて 「ヲタ」 と括ることはできそうな感じだったけれど,元々グラドル出身だというから男が圧倒的に多いのかなと思えばそうでもなく,むしろ女が多い.先に並んだお客で長時間粘るのも大抵が女子だった.
 どうでもいいけども,「空気が読めない」 という評価を人に与えるとき,なんとなく空間的に読めないのは男で,時間的に読めないのは女って感じがしますな (なんだそりゃ) ,などと頭を過ぎった.そもそも,かわいい女の子を前にしてあんまりしゃべれなくなっちゃってそうな男子もいたけど.

 とか何とかいってるうちに30分ほどが経過し,お客と小明さんとのやりとりが掴める位置まで辿り着いた.

 ...なんかみんな 「ひさしぶり~!!」 とか言われてるよ.

 手土産持参の人も多いし,買い物終えて店を出るときは 「おつかれさま~」 と声をかけている.

 なんだ,みんなお知り合いですか? あ,そういうイベント?
 心に軽い不安が生まれたところへ追い討ちをかけるかのように,「さっきまで並んでいたのに,整理券制に移行したことを知らず,超残念がって引き返していく人」 とか,さらには 「差し入れだけして帰っていく人」 みたいなのが出始めて,おい,俺様ごときがこんなとこに並んでる場合ではないんじゃないですか,と申し訳なく思ってたらもう小明さんが目の前にいた.
 正確には小明さんの隣にもう一人,ニポポさんという音楽屋さんがいて,この日は彼の発禁になったCD を,関係者である小明さんとともに手売りするという趣旨だったようだ.

 一足先に出撃していった(゚…゚)君の様子を見守る.
 この後,草野球に直行しようと野球の商売道具一式を抱えた(゚…゚)君を見て両名は開口一番,「すごい荷物ですね~!」 とコメント.

「何が入ってるんですか~?」

「カメラです」

 いやいや,そこは素直に野球方面で適当に10秒ほど話を膨らませる方向もアリかとは思うけど.
 場に似つかわしくないデジタル一眼とともに電話帳みたいな本を取り出してサインを要求する(゚…゚)君.

「え~なんですか~このすごい本は?」

「来年受ける縊死国家試験の教科書です」

 まあいいか,このへんの下りは.
 写真撮影係として後ろに控えた店のおばさん,でかいカメラを前に軽く顔を引き攣らせていたが,大丈夫ですよ御婦人.撮るのは私ですから.
 (゚…゚)君からカメラを渡され,不覚にも何の工夫もない構図で3連打したら,小明さんニポポさんに大袈裟に驚かれた.(元)グラドルが驚くようなカメラじゃないのに.あぁ,これが営業ってやつだ,香奈ちゃん (詳細略) ができてなかったやつだ,と感銘を受ける.

 続いて俺の番だ.
 まず詫びから入った.

「相済みません,通りがかりの者なんですが,今日からファンですー」

 ああ,正面から見ると引田天功に似てるなあ (失礼).そういやこないだのコンパにも年齢不詳の引田天功がいたなあ.などとぼんやり考えながら握手.フニャフニャと柔らかくてあったかい手ですね.

「ああ,そうだ.ホントに何の持ち合わせもないのでこれの裏にサインお願いします」

 と言って社員証を取り出した私にまた驚くご両人.

「えー! マジでいいんですかー?」

「はい,マジでいいですー」

 ...しかしその先に語らうべき案件があるではなく,詰まらぬ挨拶を二言三言交わしたばかりで幾分もどかしい思いをしながら店を出る.

 お互い感情表現に乏しい(゚…゚)君と私は,興奮してホクホク喜び合うようなこともなく,多少上気した調子で収穫物の検分をする程度.特にその時点で別段の思い入れもなかった私にしてみれば,空腹を押して店の前に留まり続ける理由もないのだ.

 其処此処で店じまいの始まる中,久々のブロードウェイだったけど結局他の店を探索する時間はなかったな,と思いながら駅方面へ.途中マックに寄って軽く四方山話を貪り,再び雨の中,家路についた.

 帰宅後,小明さんの調査を開始.まずは膨大なブログの記事を翌日昼までかけて500本ほど読んでいろいろ思った.

 思ったことはまた今度.書けないかもしれないけど (能力的に).

 でっけえ頭だな俺っつうか髪が膨らみすぎだor2


  1. 2008/08/31 (Sun) 23:59:01|
  2. 与太話
  

-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。