火事場の安否確認

-- 刑事さん、あの人です。--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/-- (--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キャッチボーリング

 会社同期その他の脳内でキャッチボールブームが到来したらしく,その様子を見聞きしていたら自分もやりたくなった.
 例によって私のキャッチボール能力偏差値は概ね12程度だが,その歴史は意外に古く,小学校に上がる前には既に父親からグローブを与えられて外に連れ出され,近所のバッチングセンターのネットを漏れ出た軟球を拾い集めては家の物置にストックするという作業を趣味のひとつとしていた.
 父親とのキャッチボールは,その後,私が反抗期を迎えるまで続き,当時使っていたグローブはローリング酢のサード用だったのだが,今やこのグローブは私の了解を得ずにどこかへ失踪してしまい,仮に捜索隊を組織したところで発見されるのは,ちょっと賞味期限を数年ほど過ぎてところどころ白や黒の起毛素材風の有機物で覆われた,大きめのクリームパン的なものに相違ないのだ.

 したがって,まずはグラヴを調達してこないといけない.
 かつて御殿場のアウトレット内で,フラリと冷やかしたナイキの店に安く売っていたような記憶があったので,先日たまたま同じアウトレットへ出かけたときに覗いてみたところ,B級品が1万5000円ほどで売られていた,ように見えた (なぜか突然どうでもよくなってあまり確認しなかった).
 それほど暮らし向きに余裕のない私はB級品を諦め,次に 「激安の殿堂・新宿職安通り店」 を訪れた.野球用品売り場には,合成皮革でできた大き目のクリームパン的なものが並んでいた.
 ローワーミドル階級出身の私としては,もう少し見栄を張りたい気分になり,軟球を2コ買って帰った.そういや軟球ってモデルチェンジしたんですね.ディンプルがなくなっててビビった.

 そうして結局たどり着く先はヤフオクなのであった.
 小学生の頃,級友のグラヴを飾るカッチョよいロゴと,その発音の響きから,ZETT に憧れたことを思い出して探したが,今ひとつ手頃なものがなく,ひとしきり悩んで佐々木(SSK)の内野用を入手した.

 今んとこ,会社では勤め先ビルの麓にある公園,自宅付近では陸軍飛行場跡地を縄張りにして,ヘボい感じでやってます.





スポンサーサイト
  1. 2007/12/04 (Tue) 01:29:25|
  2. 与太話

F1ドゥリーム平塚

 相変わらず会社の同期くらいしか遊び相手がいない訳だが,先日は連れ立ってF1ドリーム平塚に行ってきた.F1ドリーム平塚というのは,油槽所の跡地を整備してつくられたカート場である.
 カートには3年前にサイパンで1回乗ったことがあり,当時の記録は完全に忘れたが,適度に遅かったことだけは覚えている.

 当日は,自家用車2台と鉄道を使って三々五々集合.
 私は連絡の行き違いにより,真っ青に晴れ渡った平塚の町を,師走だというのに額にうっすら汗を滲ませながら,駅から現地まで強行遠足するハメになる.

 到着後,サーキットに隣接する土手を隔てた河原に下り,買ったばかりのグローブでキャッチボールなどしていたら頃合となった.

 なお,今回のネタは半ば内輪ネタに近く,不特定多数向けの内容になってません.
 もっとも,その内輪の中にこれを目にする人間はいないのだけども.


■■■ パドック情報 (書いてるうちにカートと関係ない内容が増えた) ■■■

【選手全員の共通スペック】
 運動不足,30歳前後,技術屋,低所得.

Ao
平塚人.給料の大半を合コンと鉄道模型と愛車 (FD) 改造に注ぎ込み,サーキット走行を趣味としている.グランツーリスモ (ゲームね) のために,プロジェクター,FDから外したシート,ステアリング型コントローラを自室へ導入.山と積まれた鉄道模型の未完成キットと相俟って,とてもじゃないが女の子を呼べない部屋になった.酒が入ると街中で自由に振舞う.挙句,終電を失って線路上を徘徊していたところを本当に逮捕された.少林寺有段者.ピアノの腕前は趣味の範疇に収まらない.直前に茂木でカート経験あり.177cm 67kg.

Ar
東京都下人.中学時代から合コンに明け暮れ,給料の大半を酒と服と複数の妾に注ぎ込むので車が買えない.プジョーの207cc が欲しいと言っていた.バスケ部出身.ガチャピンに似る.甲高い漫画のような大声でしゃべる.社会人になって最初の職場歓迎会でAo とともに羽目を外し,後日上司に呼び出されて物腰丁寧に理路整然と人物を全否定された上,職場の飲み会への参加ならびに最寄駅周辺での飲酒を無期限禁止された.私生活は滅茶苦茶だが,仕事中は別人のように真面目に働く.カート経験なし.サイズ未詳 (推定175cm 67kg).

Ik
岸和田人.愛車はホンダのCR-V.陸上部出身.物理屋.筋トレマニヤ.バイク乗り.AB型.新婚.1000人に1人の天性のいじられキャラ.中学の頃から腕立て・腹筋・背筋を毎日300回実施していたら冗談では済まない体になった.入社以来,目に見えて髪が薄くなっており 「ハゲ」 と呼ばれる.バイクで事故る瞬間に性的興奮を覚えるため,それをオナニーに取り入れていたら本当に死に損なったことがある.そのため右肩の三角筋を消失.平塚を含む数回のカート経験あり.165cm 60kg.

Mg
伊予人.良識派.卓球部出身.バイク乗り.AB型.新婚.陽気に場を盛り上げて人をいじる反面,プライドが非常に高く,決していじられる側に回ることはできない.マイカーは持たないが,街中を走る分には一番器用で,一般人に安心感を与えると思われる.平塚を含め数回のカート経験があるが,生涯一度もスピンしたことがないという堅実な走りが売り.168cm 64kg.

Ng
所沢人.愛車はプリメーラ.応用数学研究会出身.覇気のない顔にも関わらずヒゲが大変濃く 「ヒゲ」 と呼ばれる.2年ほど前まではアキバのグリーンマックス (鉄道模型屋) から来ましたかっていう風体だったが,突如イメチェンを果たした.ちなみに妹はファッションコーディネーターで,兄妹仲はたいへん良い.4人以上の集団に混じると,世界のすべてに興味を失ったような顔をする.今回の企画に対してもロクに関心を示さなかったが,開催直前になって 「カートはしばしば嗜んでいる (けど遅い)」 という仰天告白.170cm 58kg.

Sm
名古屋人.重量級.筋肉気味.昼メシ時間になると鞄からササミを取り出し,ユズ胡椒を塗りつけて食う.健康マニヤだが背骨が著しく歪んでいる.愛想はいいが独自の世界に閉じこもる傾向が強い.服,音楽,建築その他,近現代文化一般に造詣が深いが,クルマにはまったく興味がない.その昔,某牛丼チェーン店に通っては,アンケート用紙に 「不味いからやめてください」 と書き続けた男.キャッチボールでは見たことのないフォームで明後日の方向に剛速球を投げる.カート経験なし.サイズ未詳 (推定178cm 75kg).

Tn
新大阪人.いけめん.Ar 同様に複数の側女に献金しているが,服や鉄道模型に興味がないので金は余っている.愛車はアコードワゴン.レカロシート搭載.ナンパ仕様.意図しないホイールスピンが得意.几帳面さにかけては異常者のレベルであり,毎日使う食器ひとつに至るまで一切の日用品を箱に個装して収納,塵ひとつないホテルのような部屋に住む.会社では常にタオルを首にかけている.筆者宅の液晶テレビを20cmの距離で延々と凝視する職業病.直前に茂木でカート経験あり.173cm 57kg.


甲斐人.帰宅部出身.グアムでレンタカーを借りて,スコールの中,道を失い空中を飛んだことがある.幼少期から親戚にカーキチと呼ばれ,2歳になる頃には徳大寺有恒著 「間違いだらけのクルマ選び」 の余白に朝から晩までクルマの落書きをしていたと伝えられる.グツグツの文系かつ文化系で,小学校の文集に「将来はカーデザイナーになりたい」と書いたのに,手違いで理系学部に進んだ上に上京,群を抜くペーパードライバーとなった.グランツーリスモなら他者を寄せ付けない.サイパンでカート経験あり.171cm 54kg.




■■■ 下馬評 (主に平塚経験者のMg による) ■■■
Ao が鉄板.万が一負けたらFD は無駄なので優勝者に譲渡すべき.
・次点 Ng.何より一番の経験者.思考が読めない.ヒゲが濃い.
・続いて.軽いから.ゲームの中で速いやつはたぶん速い.
ArSmTn は,それぞれ 「きっと二日酔い」 「重い」 「運転が下手」 という理由で下位予想.

 土手からコースを見渡していると,向こうの方で何やらAo が見知らぬ人物と立ち話をしている.後で聞けばその人物はAo の地元友人でMy 君といい,このコースを32秒台 (速い) で走るそうな.撮影係 兼 専属アドバイザー (多分に後者に重心) として呼びつけたらしい.なんという姑息.



 当日は他にも団体が何組もおり,それぞれ,フリー走行 → 予選 → 決勝,と進行するイベントの合間を縫って別グループのイベントが挟まる格好だ.

 最初の出番が回ってくるまでの間,コースを見下ろすデッキの手摺にぶら下がって他のグループを観戦する.吹きっさらしで大変寒い.
 和気藹々とやっておられる素人風レーサーの皆さんを何組か見学したところ,最速で33秒台,女子の最速が37秒台,40秒オーバーも結構ゴロゴロという具合のようだ.
 稀にレース形式を取らずに周回している手練どもを見かけたが,彼らは31秒台のラップを刻んでいた.



 徐々に緊張感も高まってきたところへ呼び出しのアナウンス.
 レンタルヘルメットに軍手,靴はオールスター,顔は東洋人,という出で立ちでマスィーンへと向かう.気合の漲ったAo だけが,My メット,My ドライビンググローブ,My ドライビングシューズで何だか逆にアホみたいである.

 いざカートに乗り込むとどうもニヤついてしまい,最初の緊張もどこへやら,ヘラヘラしながらエンジンを始動し,スタッフさんからの指示待ちモードへ移行するが,数分後に未体験の恐怖に見舞われることなど,このときは知る由もない (カート乗ったことあるのに).



 まずはフリー走行10周ということで,各々乗車順に出発.私も8人中7番目でコースイン.

 おお,うもいたうもいた.えへえへ.

 ヘアピンだよ第一ヘアピン.や,ブレーキ残してハンドル切るとやっぱり滑るねえドキドキ.

 おおっ,ちょっと踏むとグーンて,グーンて.G が.自慰が!

 こ,ここからはベタ踏みで,いい,はず.アレなんか速い無理じゃね?曲がんなくね?ちょ!あb!まg!最終コーナー立ちh速い!速いこわいオナカがフワッ!しし振動がヘルメッずれっさっき女の笑ってじゃんここ笑って場合じぇ1コーナー!えとヘアピンヘアピンはどうすんだっけ奥から2本目のπ論dああああああ!


 くるくるくるどーん.そこに後続が追突どーん.しゅわしゅわしゅわしゅー.

 後半はやや落ち着きを取り戻したものの,自分が何をやってんだか今ひとつ認識できないままピットインの指示が出された.
 目を白黒させながらピットに戻って,車を降りたときには腰も曲がって手も震え,顔は半笑いとなり,一気に半世紀ほど老けた.

 おそらく頭では視覚情報を頼りにゲームの調子で走ろうとし,一方で他の感覚器はカートとともに自分の体も超音速で疾走していることを把握しているものの,圧倒的な実車経験不足によって脳がこれらの感触を想定していなかったために認識が追いつかず,頭と体が乖離してしまったのだろう.
 つまり恐怖感を上回るペースで無理矢理走らされていた感じだった.

 さて,マッシーンを後にしてヘルメットを脱いで両手親指のツケネがもげるほど痛い!
 ヨボヨボとデッキに戻りながらみな興奮した面持ちで思い思いの感想を述べてはしゃいでいると,Ao がスタッフさんから渡されたリザルト用紙を配り始めた.

 なんとびっくり一番時計はかい (とはいえ37秒台という粗末な記録).
 同じく37秒台で平塚経験者のMg が2位.3位のAo から数人が38秒台で固まるという結果であった.一人異次元空間を走ったSm は50秒を叩き出している.
 思いがけぬ展開に興奮も手伝ってやや浮かれる私.



 しかし落ち着いて考えると,上から他人が走ってるのを見てこれだけトロく感じるということは,あちこちつっかえつっかえ37秒もかかってりゃ,傍目にはさぞかしグダグダに映ることだろうと気づくが,まあ,乗ってる本人達は神をも欺くスピードで駆け回っているつもりなのだから気にしないのがよかろう.

 そうこうしているうちに再び予選開始のアナウンス.
 予選は5周なのであっという間である.
 フリー走行で頭と体の整合も多少とれたことだし,37秒台という記録は軽く更新できると思われた.

 ところが実際のコースでは,みんながアッチでフラフラ,コッチでクルクル,なかなかクリアラップが取れない上に,心なしか先ほどよりもタイヤが滑る感じがして自分もクルクル.あまつさえ,最終コーナー立ち上がりからホームストレート中ほどまでケツを振り続けるという挙動を引き起こし, 「ブレーキさえ踏まなければ回らない」 という勝手な神話が頭の中で崩れ去ったことで動揺が拡大した.
 結局まったく調子が上がらないまま,まさにあれよあれよという間に5周が終わってしまった.
 コース上,第一コーナーの奥にはラップタイムを表示する電光掲示板があるのだが,最もスピードに乗っていながら次のヘアピンに備えなければならないというタイミングで,ド初心者がそんなもんをチラ見している余裕もない.
 ピットに戻った段階で自分の記録すら把握していなかったが,完全に終わた~,と諦めてデッキへ上がる.

 今回はスタッフさんから直々に予選タイムと決勝グリッド順が告げられた.

 フタを開けてみれば奇しくも下馬評どおりの結果である.
 すなわち,1位 Ao,2位 Ng,3位 .記録はそれぞれ35秒,36秒,37秒 (進歩なし).
 ただし37秒台には4人が固まっており,数字にはほとんど差がない.
 撮影係のMy 君が,8号車誰ですか,と聞くので挙手したところ, 「立ち上がりで滑ってるの撮れましたよ,おおすげぇwと思って」 と笑うので照れる.

 この後,決勝まで結構な待ち時間があり,デッキでぶるぶる震えているうちに,気づけば辺りは薄暗くなっていた.
 デッキ横の詰め所には暖房が効いていることに気づき (アホ) 移動.室内を見渡すと 「先日,強引な追い越しを図って骨盤骨折したアホがいました.気をつけろや」 という文句が状況説明図とともに張り出されており,少し不安になる.

 詰め所で漫画を読み出すIk 選手

 日も暮れかけてサーキットに照明が灯った頃,前グループのレースも終わり,15周で争われる決勝のときを漸く迎えた.
 ピットに下りてメットのストラップをいじりながら乗車する作業も,3回目ともなれば手慣れたもんである.
 みな適度な興奮を保ちながら,カムに向かって抱負を述べる者あり,早くも打ち上げの店を気にする者あり,予選結果順に並べられたカートへと向かう.



 エンジン始動を促され,本物か偽物かよく分からんメッサーシュミットKR200風 (でも四輪) のペースカーに先導されてフォーメーションラップスタート.日も落ちたことだしと思い,無駄に蛇行なんかしてみるけど,慣れないもんで恥ずかしくなり中断.1周回ってグリッドに着く.



 ここでどこからともなくT-square の例のテーマが流れてきて場内にアナウンス.恥ずかしい.

 「ハァイ!それではですね,ご来場のみなさま,コース上をご覧くださーい! ただいまよりですね,グループパック (我々が利用したレンタルプランの名前) 決勝レース...ええ...ウンコカップ (実際にはAo の名を冠したレース名) を開催したいと思いまーす!!」

 ...しーーーん

 「えー,ポールポジションスタート,おめでとうございまーす! 2号車に乗ります,Ao 選手でへへへぇす (なぜか苦笑混じり)!」

 ...しーーーん

 ああ,このケタタマシイBGM はアレだな,無音にも関わらず幾万観衆の大ブーイングにも勝るという精神攻撃 「しーん」 をかき消すためのものなんだ,などと邪推して自嘲しているところへ自分の名前もコールされ,私はひとまず両手を空高く突き上げてガッツポーズしておいた.
 この間,我が8号車のエンジンはなんだかぷすぷすとカブリ気味で,選手紹介が終いまでいかぬうちに火種が費えてしまいそうだ.時々ふかしながら様子を窺う.



 選手紹介が終わり,しばしの静寂の後,ついに前方のシグナルが点り始めた.
 4連シグナルがひとつずつ点灯し,オールブラックで各車一斉にスタート,ほぼグリッド順に第1コーナーにズルズルとなだれ込む.
 しかし続く第1ヘアピンで2番手Ng がスピン.さらにS字でAo もスピン!労せずにがトップに立った!と思ったのも束の間,第2ヘアピンでケツが出てしまい,もたついている間にAo が起死回生のショートカットで首位奪回!

 いや,それは反則なんじゃないですか.(後から言い訳を聞く分には 「俺は全然コースに戻る気でいたのに後ろからAr にどつかれて止むを得なかった」 ということらしいが)



 その後,上位は,1位Ao,2位,3位Mg で定着してしまう.
 レースはその3人を含め,あちこちで回ったり刺さったり,もうグダグダ.レース中にイエローフラッグが振られていない時間はなかったといっていい.
 Ik は勢いよくタイヤバリアに突き刺さり,アバラをしたたかヤッた上に,あろうことか靴が脱げて大幅にタイムロス.
 TnSm はそれぞれ明後日の方角を向いたままピクリとも動かず,地ベタに座り込み (カートは車高が低いですから),メット姿で傍らのスタッフさんにコクコクと頷いてみせる様は,保母さんに慰められながらスンスン泣いている虐められっ子を彷彿させた.

 常にどこかでイエローフラッグ

 終盤13周目,第一ヘアピンで私がスピンした隙にMg が2位に浮上.
 みな初心者の上にタイム差も僅かなため抜きどころが難しく,この後Mg がミスをしない限り挽回は不可能と思われた.
 大変悔しい思いをしながら,結局この日も一度も大ミスをしていないMg のケツにぴったりくっついたまま何もできずにいると,次の周回の第一ヘアピンでMg の思いがけぬ早い減速に対応できず,カマを掘ってしまった.やや体勢を崩したものの,これで明らかにMg のヘアピン処理が遅いことを知る.
 最終ラップ,第一コーナーからアウト側に並ぶパイロンぎりぎり (たぶん実際には余裕で1m とか空いてる) にラインを取り,ヘアピン進入で外からMg をパス.後輪がロックして滑り出すところを,アドレナリンをどぶどぶ吹きこぼしながら何とか立て直して2位奪回に成功するも,追いかけるAo の背中ははるか前方に.もはや追撃も及ばずそのままチェッカー...!



 いやあ,おもちろかった.
 一同,適度な疲労感と晴れ晴れとした表情を得てニコニコしている.
 疑惑の優勝となったAo がウイニングラン (そんな設定あったかどうか知らんが余分に周ってた) から戻ってきたところで,スタッフのおねいさんから結果発表とリザルト用紙配布.
 1位のAo とは最終的に8秒差がついてしまった.でも,なんか決勝のファステストラップ (それでも35秒) はみたいだし,いいや.
 しかもファステストは無茶なことした最終ラップに出てる.これはキレイに走れれば33秒台くらいはいくんじゃないですかね.無理ですかね.


■■■ 結果 ■■■

1  Ao : 決勝での最速は36秒.断トツかと思われたがそうでもなかった
2    : 着順よりファステストラップです
3  Mg : 終日一貫して見事なまでに37秒中盤のラップを刻み続けた
4  Ik   : 靴が脱げたのにここまで挽回
5  Ng : なぜか決勝で沈んでしまった
6  Ar  : 下馬評通り
7  Tn  : 1周遅れ.下馬評通り
8  Sm : 2周遅れ.下馬評通り.

 こうして見るとMg の予想はすごいな.ほとんど番狂わせがなかった.
 また最終的には,出走した8人全員がめでたく40秒を切る結果となった.

 1位のAo は副賞として,この後の飲み代タダ.
 最下位Sm は飲み会会場の蒲田まで一人で徒歩&電車移動 (しかも彼は飲み会不参加なのでそのままフェードアウト).
 ブービーはAo のFD の後部座席(劇的に狭い)で荷物に埋もれて蒲田移動のハズだったが,Tn はアコードの運転係のため繰上げでAr が犠牲者に.そしてTn は交通費自腹.

 (左) 表彰式の様子 (プレゼンター Ar

 ひとしきり騒いだ後,安普請にライトアップされた出入り口ゲートをくぐると,あれほどコントラストを放っていた快晴の青と土手沿いの緑は一面真っ黒に塗りつぶされており,辺りはしんしんと澄んだ冷たい空気に音もなく包まれている.
 健康マニヤのSm は嬉々として暗がりを走り出すと,全身黒尽くめに白軍手を嵌めた手だけをボンヤリ異様に浮き上がらせて土手を駆け上がり,微かなはしゃぎ声のみを残しながら,あっという間に闇へ溶けて消えてしまった.
 彼を見送るともなく立ち尽くす我々の背中では,煌々と照らし出された油槽所にまた,エンジン音とT-square が鳴り響いた.








■■■ エピローグ ■■■

 この後,Ao車とTn車に分乗,それぞれのオーナー宅である池上,桜木町に車を置いて蒲田に集合となった.


 美味いけどやや不気味な餃子 いただきまんもす

 蒲田で餃子を貪り食っていると,Tn の背筋がどんどん伸びて姿勢がよくなるので不審に思って声をかければ,何やら苦しそうに顔を歪めているではないか.
 そんなに餃子が口に合わなかったか.さすがは常時自宅に複数種の冷凍餃子を完備してらっしゃる (実話) だけのことはある,申し訳ない!と一同で詫びるが,歪曲は酷くなるばかり.
 あ,分かった分かった,これはさすがカメラ屋,己の顔面を使ってザイデルの5収差を説明しようと試みているのか,でもゴメンな,それはもう知ってるよ,と笑うが,彼の顔に笑顔はない.
 どうも,レース中の事故で背中をヤッたらしく,それが今になって呼吸すら差し支えるほどの激痛を伴ってきたということらしい.
 あまりに痛がるのでいつまでもネタ扱いしているわけにもいかず,半ば強引に病院へ連行することにした.

 ともかくも勘定を済ませて駅方面へと向かう.牛歩というよりは蝸牛歩 (うまい) というべき速度で疾走するTn を慰撫しながら,携帯で近場の病院を調べては,整形の患者受け入れを打診するが,片っ端から面白いように断られる.これが今流行のたらい回しかァ~と感心していたら,数件目で池上の病院が応じてくれた.
 早速タクシーに乗り込んで病院へ.Ar は頭をやられたのか,さっきからずっとTn の乳を揉んでいる.

 病院前に乗り付けて受付のベルを鳴らそうとすると張り紙がしてあり,「裏手にお回りください」 とある.意味が分からない.
 もはや時速2Åほどの速力しか出ないTn を裏まで曳航するのにどれだけ骨が折れると思ってんだ.
 やっとのことで裏口からエントリーするとダルそうな男が受付に出た.
 激痛で脳がイカれ,いよいよ満面の笑顔が張り付いたまま顔から離れなくなったTn は,その表情から軽症と判断されたものか,無造作に投げつけられた問診票を自力で埋める作業に取り掛かる.記入姿勢が異様.
 幸い,当直医もヒマだったようですぐに診察室へと連行されていった.



 ひょこひょこと廊下の奥へ消えてゆくTn を見届けた我々 (この時点で,AoArMg,私) は当座の安堵を得て,Tn の診察が終わるまでの時間を潰すため,酒屋で燃料を調達して近所のAo 宅に向かった.
 Ao の部屋は,プロジェクター用スクリーンとFDのシート,電子ピアノ,戸棚に収納しきれず溢れた鉄道模型,本人が着ているのを見たことのない (あ,別に女物とか他人のものとかいうんではなく) 汚い洗濯物で構成されていた.これが噂に聞いていた部屋かと思うと感慨深い.モノは俺の部屋より少ないかもしれないがキタナイ.

 飲み始めて30分ほど経った頃,やおらAo が立ち上がり,「モーターショーでランボルギーニのブースにいたナントカとかいうコンパニョールのお姉さんがカワイイんだよ~」 とか言いながら嬉しそうにスクリーンを広げ,PS3 で自前写真のスライドショーを始めたところで,早くもTn から電話.
 遅くなるようならこのまま飲み明かすつもりだったが,なんだ,別に終電で帰れるじゃん,ということで,名残惜しそうなAo も伴ってTn をお迎えに.
 バカでかい湿布を両手で大事そうに抱えて,切符売り場で用済みのカカシのごとく力なくもたれているTn に,診察前に預かっておいたカバンをぶつけて万事お開きと相成ったのです.


 なげぇ日記 (原稿用紙40枚くらいになった).


  1. 2007/12/13 (Thu) 22:58:50|
  2. 与太話

サラウンドヘドホン

 安普請な賃貸マンションに住まっておるせいで,テレビを見てると隣人にドンドコ壁を叩かれることでお馴染みなんですが,先日も宵の口に壁をどかーんと叩かれて,棚の鏡がカツーンと落ちましてですね (初の経験,隣にも落下音が聞こえたと思われる).
 なんといいますか,若い人が言うところのキレるというんですか,浪人してるときの寮以来ですよ壁を蹴ったのは.大人気ない.
 どうやら隣人はこちら側の壁沿いに寝てるようなんです.しかも22時くらいには既に.
 で,私は頭と目の悪さを耳と鼻の良さで補って生きている人間なので,部屋のどこにいても隣人のイビキは当然,電話の内容も概ね聴き取れるほどなんですな.これを書いてる今も打鍵音の隙間を縫って聞こえてるもん,イビキ.
 だから隣人宅側の壁際にあるテレビの音をコチラでどんだけ小さく絞ったところで,寝入り端の彼の気に障るのは無理もない.ところが彼はきっと,自分がどんだけ高額な家賃を払って分厚い壁のマンションに住んでるかってことに気づいてなかった.

 その日以来,隣人のノックはぴったり止んでしまったのですが,とはいえ,私も当マンションの共用門扉を出入りのたびにキチンと閉める数少ない住人の一人 (俺と管理人とあと一人くらいっていうか閉めてくれって書いてまであんのに閉めないんだな.みんな見たとこ標準的な日本人のツラしてるけど.強盗にでも入られて死ねばいいのに) である程度にはわきまえた人間なので,そうそう満足な音量を楽しむわけにも参りません.

 だから,というだけの理由でもないのですがヘッドホンを新調しました.音楽用じゃなくて映像用途として.
 さらには,せっかくあんまり日の目も見ないPS3があるから,ミーハーにサラウンドヘッドホンでも試してみようと思い立ち,ネットでも結構評判のよかったソニンのMDR-DS7000 てのを選びました.
 早速いろいろ聴いてみたんですけど,ウチにはあんまりDVD とかゲームとかロクに揃ってないんですよね.映画のDVD もなんだか暗い話ばっかりで,ちょっと試しに,なんて観てるとだんだん気分が落ち込んできましてね.ダメだ,なんかもっとこう明るいの,て探すと,5.1ch に対応した明るいのって浜崎あゆみタンの年越しライブなんぞしかねえんですな.
 30になって夜中に浜崎あゆみですか.まあやってる本人も29だからいいのか.

 しかしながら,これがなかなか迫力あってですね,5.1ch と2ch で比べても明らかに臨場感が違うと思えるです.エフェクトの設定を "CINEMA" モードにすると,心なしかリバーブが立体的な響きを帯びて,いかにも箱がデカ過ぎって感じのライブの様子がちょうどよく伝わるような妄想.むしろ他の映画やゲームでの効果を感じたときよりもニヤニヤ度が上だった.

 うわー2ちゃんのピュアAU板どころかAV板住人にすら死ねって言われる.

 いいんだ.あゆを聴くためにCD12 を導入してLINN にイチャモンつけまくってる人もいるんだから.

 全然関係ない話ですけど,DVD の最後の最後にスッピンに近い濱崎さんの横顔が映ってるんですがそれが一番かわいかった.こんなシーンあったっけ.ちゃんと観てなかったんだな,このDVD.だいたいなんで俺はこんなもんを買ったんだろう.ファンみたい.

 そういえばヘッドホンでワイヤレスというのも初めてで,先ほどヘッドホン装着したまま洗濯物取り込んだりしましたが(貧乏くせ),これは便利と感じる人はいるだろうな,と思った.個人的にはこれで音楽を聴くことはなくて,どのみち常時テレビの前に張り付いてるからどっちでもいいけど.
 と思ってついでにちょっとPS3 に音楽CD を放り込んで聴いてみました.これで今の音楽鑑賞環境と大差なかったりしたらどうすればいいんだろうと不安になりながら.
 よくしたもんで殆ど話にならなかったので安心.


 というわけで,次はBlu-ray のソフトを見てみたい.
 タイトルリスト眺めてもあんまり欲しい映画はないなー.
 ライブもなー,AKB48ですか.しかも7000円もすんのかい.




  1. 2007/12/22 (Sat) 03:07:07|

グラビヤ撮影

 去る12月23日にワールドホビーフェスティバゥ (WHF) というイベントに行ってきました.
 新作は用意せず,在庫を処分するだけだったので,ブースをほったらかしてチョロQのトランスキットなんかを凝視していたのですが,そんなところへ某出版社の方に声を掛けていただき,お人形を撮影さしてくれろというお話だったので謹んで承りました.

 以前,別の模型誌に載せていただいたときには撮影現場に立ち会えなかったのですが,今回はスタジオに直接持ち込む方式だったので,じろじろ現場を見学することができました.
 撮影そのものはアッサリ終わったので別段書くこともないですけど,機材はマミヤの6x7にデジタルバックというよくある感じでした.モニタでさらっと見せてもらったけれども,当たり前ですがえらくキレイだった.

 撮影の後はやや長居して漫談してました.
 会場でお話した方は,イベント当日の様子とはだいぶ趣を異にした芸風,というか,編集者とはまさにこういうもんなんだろうという人物で,カメラマンさんも交えて,おっぱいと崖っぷちアイドル,エロビデオ,ネギ,ギックリ腰,いいジャケットですねください,靴でもいいです.とかそんなことを間断なくしゃべり続ける面白おかしい方でしたよぼくは何を書いてるんだろうまあいいか.





 話は全然変わるんですが,ドラゴン (香港の模型会社) のgen2 というフォーマットでつくられた軍人人形(1/35)を作ってみた.
 5cm の人形がアホみたいに分割されてるシリーズなんですが,以前から気になってたのです.



 これで30パーツくらい.
 タミヤなら半分もないのに.つうかへっぽこさんより部品点数多いんじゃねえのか.
 でもよくできてますな.


  1. 2007/12/28 (Fri) 02:12:42|
  2. お人形一般
  

-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。