火事場の安否確認

-- 刑事さん、あの人です。--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/-- (--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

タクシーとお姉さんに乗車拒否された

 私の職場では髪型や服装が自由なので,みな適当な格好で働いたり寝たりしています.

 先日勤務終了後に,仲のよい同期数人と連れ立って銀座のコリドーまで飲酒をしに行きました.
 1時くらいになり,計画的に終電を逃した後で,今時の若い人がいうところの倶楽部に繰り出そうという方針が下されました.
 お店を出てタクシーをつらまえようとするのですが,なぜかことごとく乗車を断られます.
 ああ,ここは乗車禁止区域なのかなと思い,そのままふらふらと北上,帝国ホテルの通りに出たところでもういっぺん乗車を試みますが,法人個人に関わらず一様に乗車拒否です.
 一同酔っ払っているので,我々がタクシーに近づくや一斉に前後の車列が逃げ出す様子がおもしろく,げらげら笑いながらも困惑していると,向こうからお巡りさんが二人やってきて,今乗車拒否されましたよね,と声をかけられました.
 なんでも乗車拒否の取締り中なのだそうで,我々に経緯の説明を求めてきました.こちらがひととおり事情を話すと,あんまり乗れずに困るようだったら止めてあげるから,と言い残して彼らは再びタクシーの群れの中に消えてゆきました.
 その後十数台の窓をたたくも,大半は完全無視.乗車禁止区域外にも関わらず「取締り中だから乗せられない」というがっつり頭の悪い言い訳を聞くのが非常に疲れます.
 周りではスーツ姿で酩酊したおっさんや北総7000系の先頭車両によく似た顔の姉貴が次々とタクシーに乗り込んで走り去ってゆきます.やはりこのヨッパライ学生のような風情が仇となって貧乏人と判断されているのか.
 お巡りさんの助けを借りるのもシャクなので,どうにかして自力で拿捕してやろうと,シャンテから東京駅方面に延々乗車拒否されながらうろついた挙句,マリオンに至っていよいよ狼藉許し難く,懐からデザインナイフ(刃渡り2cm)を取り出し抜刀したところで,ようやく共同無線の車が1台開門してくれました.
 結局2台に分乗したのですが,2台とも共同無線でしたので,ひとまず私の中では東京無線と中央無線はうんこという扱いになりました.潰れろ.

 西麻布の倶楽部に辿りつくと,土地柄店内は異人ばかりです.正確に言うと,異人男性と大和撫子ばかりです.
 学生風男子が固まっていてはそれこそ昇天しかねない勢いで浮き上がってしまうので,各個に散開して営業活動に励んでみるものの,周囲では既に異人と戦艦大和がべったり絡み合っており,あまつさえわざわざそんなお店に来るような撫子はハナから異人目当てであるので,タクシーにも乗れない黄色い貧乏人には興味がないのです.
 大フィーバーのねえちゃんに根性焼きよろしくタバコを顔面スタンプされるなどして早々に活動を打ち切った私は,激しくジュリ扇を打ち振りドジョウすくいを舞う一方,目の前で黒いワンピースをなびかせて腰を3Hzでぶん回す小柄なロリータに心を奪われ,彼女を「乱舞吉田」と命名して,目の保養に徹することにしました.

 数時間後,ここでもことごとく乗車を拒否され,惨敗を喫した我々は,店の隅っこで身を寄せ合い,業界の展望やみんごるの段位などについて議論を展開しつつ朝を迎えたのです.
 引き続き議題が,「こんにゃくもしくはカップヌードルを用いた自慰の方法」に及んだ時点で店外につまみ出され,我々は踊り疲れた乙女でごった返すラーメン屋に突入しました.
 そして,尻の肉をあらかた露出しながら気だるそうに餃子を咀嚼するお嬢さんらを観察しつつ,言葉少なにラーメンをすすり,やがて朝焼けの六本木通りをめいめいの寝床に向かって歩き出すのでした.顔の根性焼き跡がちりちりと痛みました.



※後日判明したことですが,我々がタクシーを求めて彷徨った界隈では,やはりスーツの客が優先されるようです.もしくは一人で帰りそうな客.
 1台のタクシーが列の最後尾に並び,順番待ちの成果としてあの辺りまで到達するには大変な時間を要するそうで,いかにもこれから近場に繰り出します,といった面持ちの人間は拒否されるんだとか.
 なので私達はどうすればよかったかというと,車列の間に割って入り,列の右側を流している車を捕まえればよかったのです.
 常識でしたかそうでしたか.


スポンサーサイト
  1. 2005/02/08 (Tue) 23:17:30|
  2. 与太話

複製品上がり

 業者さんから量産品が納入されてきましたので,ざっとパーティングラインの類をならしてみました.
 ああ,とてもチレイに抜けている.すごいなあこれで食ってる人は.
 今回(も),表面処理まで手が回らなかったため,顔がやや天然痘風味です.400番くらいで数分間やすればこの写真くらいには回復しますけども.すんませんすんません.







  1. 2005/02/12 (Sat) 02:03:56|
  2. - 002 春麗

色見本完成

 春麗さんに関しては完成品を提出しなければならないので,1体に色を塗って見本とし,WF終了後それをそのまま提出します.相変わらず色塗りがヘタクソでムカムカしてきますが,日頃練習してるわけでもないので上達しないのは当たり前なのです.がっかり.





↓後日,FIGURE MANIAXさんの取材の際に塗り直したもの.服の模様について聞かれることが多いのですが,普通に筆塗りです.



  1. 2005/02/20 (Sun) 02:11:12|
  2. - 002 春麗

ワンダーヘスティバル2005冬

 今回は業者さんからの複製品の上がりが早かったおかげで,不満を多々残しながらも数日前に塗装は終了しておりました.
 しかしその後にも作業は残っているわけでして,写真撮影/印刷,インストとラベルの作成/印刷,梱包材調達,釣銭の用意,ブースの設営準備,荷造りなど課題は山積みです.そんなことをちんたらやってたら木曜は徹夜になりました.更に金曜は別件でオールでした.
 そして本番を翌日に控えた土曜の夜,ガラクタの散在する部屋の中で,寝不足のあまり脳が障害を起こし,ぱんくろっくライブラリを近隣顧みぬ音量で流しながらぴょんぴょん独りモッシュに興じ,ボルテージの上がったところでいよいよベランダを開け放って独りダイブ(from 5F)を試みようかというところで,準備のために(゚Ω゚)さんがやってまいりました.
 とはいえ,前回のように切羽詰まった状況でもないので,別段やることもなく,だらだらファミレスでメシを食ったり,人生について考えたり,ふたりモッシュしたりするだけなのです.

 さて準備も終わり,夜が明けて雨は上がったものの,非常に寒い朝です.
 こんな中を一晩中行列している気分は如何ばかりだろうかと思いを致しながら,いつもの安物キャリーに夏より一回り大きな荷物をくくりつけて家を出発します.
 が,荷物の割にキャリーのトレッドが狭軌すぎて,方向転換のたんびに激しくローリング.しばしば荷崩れを起こすのが衰弱した身体に応えます.次回はもっと高級車で出かけようと決意を固くしたのでした.


どんより

 前回は会場到着後,ディーラーの入場場所が分からずに雨の中傘を差し,足をつるつる滑らせながら不安定なキャリーを引いてあっちへふらふらこっちへふらふら彷徨ったのですが,今回はすんなり入場することができました.
 この時点で開場まで2時間以上あったので,マタリと商品梱包をしていたのですが,作業があまりに緩慢すぎて開場までにすべての箱詰めが間に合いませんでした.
 そして結果的には,前回の倍の量(春麗選手20名,皐月選手20名)を1時間短い時間で売り切ってしまったので,これくらいのペースだと,いっぺん客足が波に乗り始めたら合間にぽちぽち商品作りしてるヒマはあんまりないのだということを学びました.
 開場前に全部売り物の形態で準備しておかないとダメなのですね.当たり前ですか.でも売れ残ったら.



 さて,この冬の目標は,数多あるレポートサイトのどっかに写真をのっけてもらうことでした.
 夏にもWF当日からだいぶ経った後に載せてくれたところがあったのですが,ディーラー名が間違っていたりして無念でしたので今回こそわ.という意気込みでセールス活動をやっておったところ,向こうから一脚にデカいカメラをくっつけたプレスの一団がやってきて名刺を差し出し,こう切り出しました.
 「わたしは某社某誌の編集をやっとる某というもんじゃけん掲載許可をくれへんか(適当)」と.
 なんということか.
 私もよく知るところであるその雑誌の取材をありがたくも持ち掛けられ,誌面を飾って全宇宙にその名を轟かせることになるなんて.
 慣れっこな人はこういうときも軽く鼻くそを掘削しながら「アンどうぞご自由に」なんて対応かもしれませんが,すっかり慌てた私は,涼しい顔をしながらも取り乱し,撮影の間をつなぐべくいろいろと尋ねてくれる質問に対してなんだか見当違いの返事をしたりして小人物ぶりを露呈しました.CEOにはなれないと思いました.


写真を撮ってくださる方

 ああいう取材はもちろん初めて受けたわけなのですが,ずいぶんいっぱい写真を撮るもんなんですね.自分でもなんとなく趣味で写真を撮るので分からないではないですけども.
 そして彼らが結構な長時間に渡ってブースの前にいてくれたことで,何かおもろいもんでもあるズラかと勘違いして寄ってきたお客さんが何を思ったか続々お買い上げ.取材中に完売してしまったのでした.メディアの力って強力.


13時28分 完売

 無事に完売を達成したのを見届けた後,コスプレさんの尻を追いかけて写真を撮りながら会場内を見学していると(゚Ω゚)さんから電話が.

 「わたしりかちゃんお電話ありがとう10分後にブースに戻れ」

 よく聞き取れなかったこともあって事態が飲み込めず,言われるがままにブースへ行くと,そこには見知らぬ3人の男性が.
 この先の話は現在地下世界にてひっそり進行中ですので,続きが気になる向きはそのへんの土を1mばかり掘り返してみてください.

 その後,歯痛を押して合流してくれた我がディーラーの記録班(゚…゚)君を交えてひとしきり雑談を貪ったところでめでたく閉会となったのでした.
 そういえばもうひとつの目標であった「春麗コスプレした子に発見してもらって会話をする.うまくいけば買ってもらう.さらにうまくいけば結婚する」に関しては最後まで果たされませんでした.
 ただ一人,なんていうのああいう顔まで含めた着ぐるみの春麗コスをした人がブースの前に立ち止まって30秒くらいじっとこちらを見ていた(ように思われた.着ぐるみごしなのでよくわからん).ななな何か反応してくれるのか,とドキドキしてたけどそのまま行っちゃった.


めでたく閉会の拍手(左から(゚Ω゚)さん,私)

■今回のお持ち帰り
 今回初めて何も買うことなく帰ってきてしまいました.
 ただ,閉会間際に卓の前を通りかかり,写真撮影に取りついていたお客さんのケツごしに身をかがめて春麗を見やり,ニッコって笑って通り過ぎていった女の子の笑顔が忘れれれませんのでそれで良しとしますが,なぜ笑ったのかといえば,いい大人が人形を熱心に撮影する様子がおかしかっただけかもしれぬ.


うっかりディーラー証ぶらさげたまま還俗する人

■thx to
 (゚Ω゚)さん,今回はご本人の売り物がなかったにも関わらず準備段階から多大なご協力をありがとうございますた.次回はともに追い込みの苦しみを味わいましょう.

 当日記事内の写真は(゚…゚)君の手になるものです.別段興味のない世界だろうにいつも来てくれてどうもありがとう.私本人は卓の上に大袈裟にカメラとレンズを並べてるだけで尻以外の写真をロクに撮ってません.

 ご意見ご感想をくださった方.普段作品を見る機会も見られる機会もないため,いろいろと励みやら勉強やらになります.

 写真撮っていってくださった方.かっこよく撮るのがむずかしくてすいませんでした.今回のはトップライトじゃないとダメかもしれません.正面からストロボ焚いてレポートにのっけてくれた方がいらしたけれども厳しいツラになってしまいました.色塗り勉強します.

 再販を希望してくださった方.身に余る光栄です.いっぺんディスコンになってしまうと実際には難しいかもしれませんがチャンスがあれば是非.ただしまだ作り始めたばかりなので,しばらくは作を重ねるたびに上達はする予定ですが未定です.

 お買い上げくださった方.本当にありがとうございます.前回に続いてお買い上げの方も何人かいらっしゃいました.リピートにお応えできるようにがんばります.


 そして今,やふおく見たら!


  1. 2005/02/21 (Mon) 02:20:03|
  2. お人形一般

 電車で隅っこの席に座ってたら,脚を投げ出して座ってる隣のバカ(45歳・男・会社員)との間の,どうやってもそこに成人のケツはおさまらねえという隙間に,無声音で「すーぃ,すーぃ(すいません,の意)」とか囁きながらむりやりケツをねじ込んできたババアがいたので,しょうがねえなと思って席を譲ったら,礼も述べずにしれっとしたツラで座りやがってよく見たら全然ババアじゃねえ,どう見ても30代前半じゃねえかぶっ殺すぞ.死ね.今死ね.


 と,私は言いたいです☆


  1. 2005/02/28 (Mon) 22:26:29|
  2. 与太話
  

-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。