火事場の安否確認

-- 刑事さん、あの人です。--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/-- (--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

セクハラ怖い

 私がノノ痰やゴッ珍に人生を捧げるきっかけとなった宴会芸ですが,そのとき私のメイクを担当してくれたのは部署の庶務さんでした.
 名前を(゚×゚)さん(仮名)といいます.
 風鈴のような声色でころころとよく笑う,ヒーリング庶務さんでした.顔のデザインに関しては特にコメントはありませんが,「下ネタしか言わない美少女」を理想とする私との間では,ごくごく当たり障りのない会話しか成立し得ない下ネタ非対応の(゚×゚)さん.
 でも,今まで出会った人の中で声は一番印象的かもしれない.なんか,皆口裕子さんのような.声が聞こえるだけでにこにこいや,そんな話はどうでもいいんですが,その(゚×゚)さんが契約期間満了を理由に突然退職してしまいました.

 通例ならば,世の慣習に倣ってしめやかに送別会を催し,部署の皆さんで浴びるように酒を飲んで総員人事不省に陥るところなのですが,本人のカミングアウトが退職前日だったため,親睦委員の私も何もできずじまいでした.
 当日もそれらしい挨拶すら一切なかったので,私の方から永訣の感を発表することを決意し, (゚×゚)さんの席に向かいました.

 いつもの(゚×゚)さんなら既に退社している時間だったのですが,業務の引継ぎがあるのでしょう,まだPCに向かって何やら作業をしています.


(´▽`):「(゚×゚)さん,おつかれさまでした」

(゚×゚):「あっ,ありがとうございます(^・^)」

(´▽`):「セックルしませんか」

(゚×゚):「これからもがんばってくださいねもみもみ(^・^)」

(´▽`):「ありがとうございます,(゚×゚)さんもおぱーいおぱーい」


 抜粋してもおもしろくも何ともない至って事務的な挨拶が,最後に交わした言葉となりました.

 あくる朝,私が出勤してメールをチェックすると,予想されたことではありますが,(゚×゚)さんから部署全体に挨拶メールが届いています.

 そこには.


 あなたがたのうちの複数の人間が,如何に私にセクハレーションを働き,それにより私が如何に嫌な思いをして退職を余儀なくされたか,一連の経緯において統括部長の対応が如何にひどかったか,という内容が 7000字に渡って連綿と綴られていた.


 事実をもみ消そうと図る会社の態度に我慢できず,一切合財を告発した鼻血も覚悟の作文です.
 しかし,登場人物が容易に特定でき,メールのやり取りまでばんばん引用された,そのぐちょぐちょなエッセイを朝っぱらから精読してしまった私は,関係者の顔をひとつひとつ浮かべては居たたまれなくなり,遠い南の島に旅立ちたくなりました.でもお金がないのでトイレに旅立ちました.
 同日開かれた臨時ミーティングで,担当部長さんの異動が発表されました.課員に向けた彼の最後の挨拶は,ビジネス相手に対する我が部の尊大な態度と,若年社員を道具として使う職場の風潮に警鐘を鳴らす内容でした. 担当部長さんは,(゚×゚)さんの件で何も策を打とうとしない統括部長さんを見かねて奔走していたといいます.私が今後のキャリアに悩んでいるのを目ざとく見出して声をかけ,何時間も話を聞いてくれたのもその担当部長さんでした.

 ミーティングでは(゚×゚)さんのことについては何も触れられず,そのあとは,セクハレート容疑の当事者もそうでない人も,いつもどおり何事もなく仕事をこなしていました.誰も何も言おうとはしませんでした.

 私は相変わらずトイレの窓から,子供の頃の夏休みに見上げたのと変わらない,よく晴れた青い空を眺めていました.


スポンサーサイト
  1. 2004/08/02 (Mon) 01:24:45|
  2. 与太話

おいしいゴハン

 ハルオさんは風邪をひいていましたが,その日はヨシコさんが新幹線に乗って遠くの町から会いに来ることになっていました.
 いつもならば,新幹線の駅までヨシコさんを迎えに行くハルオさんですが,今日は風邪のハルオさんを気遣って,ヨシコさんひとりで慣れない電車を乗り継ぎ,ハルオさんの家までやってきました.
 ハルオさんの家に着いたヨシコさんは,ベッドの上にむくりと起き上がったハルオさんを見るなり,「ゴハン買ってくる」と言い残し,タタと玄関を駆け出して行きました.
 やがて両手に抱えたコンビニ袋をいっぱいに膨らませて戻ってきたヨシコさんは,袋の中身をベッドの上にひっくり返し,「さあさあゴハンだよ」と言いました.
 そのメニューはと言えば,

 コンビニ弁当,おにぎり,菓子パン,プリン,お茶,ポカリスエット...

 病人に食べさせるにはどうか,と思われるものもありましたが,ハルオさんはなんだかとってもうれしくって,うれしくって,胸をいっぱいにしながら,「ありがとう,ありがとう」と一生懸命食べました.
 味なんかよく分かりませんでした.

 翌朝目が覚めると,風邪はすっかりよくなっていました.


 3年後の夏の日,ハルオさんは熱を出して仕事を休み,独りぼっちで寝込んでいました.
 あの日のことが頭に浮かんだハルオさんは,「ああ,あれが人生の中で一番おいしいゴハンだったなあ」と思い出しながら,天井をぼんやり眺めて,独りぼっちで寝込んでいました.


  1. 2004/08/11 (Wed) 22:33:55|
  2. 与太話

録画録画

 キャプチャカードをくっつけました.
 試しになんか撮るもんないかとチャンネルをぱちぱちやってたら,宮崎あおいさんが映ってたので録画してみました.

 数分後,暗転したテレビ画面の中に,カードの空箱を抱きかかえて号泣する不細工な男を見出しました.

 宮崎あおいさんはダメです.
 あの子が笑うとわたしは泣く.


  1. 2004/08/12 (Thu) 23:37:50|
  2. 与太話

複製納品

 業者さんに依頼していた複製品の試作が上がってきました.
 すげえキレイに抜けててビックリ.思わず抜きました.
 複製すれば少し鈍るかと思って処理を追い込まなかったところがそのまんま出た.
 成型の都合により両脚も分割しました.塗装は楽になるけどちょっと間違うと自立しなさそう.

 とりあえずこれを組んで見本を作ります.キャストなら表面処理も楽でしょう.オリムピック感染しながら色塗りします.その前に寝る.ねむい.





  1. 2004/08/21 (Sat) 00:03:09|
  2. - 001 皐月

街を歩けばむかつく

 日本選手団の活躍が連日華々しく報じられる昨今,東京の人間が街中で「ごめんなさい」と言うスレッシュはどこにあるのかということを私は問いたい.
 「ありがとう」「ごめんなさい」が言えないやつはそのまま物言わぬ肉塊になるといいよ.そうすれば東京の人口が1/10くらいになって住みやすくなる.ならねえか.

 私はジジイになったら地方に下り,「すんません,すんません」と連呼しながら穏やかに暮らしたい.


  1. 2004/08/26 (Thu) 22:44:11|
  2. 与太話

WF当日

 いろぬり失敗しました.

 いろぬりに失敗したというよりは,色塗りを見越した造形に失敗した.カオは塗ってみないと分かりませんのう.今回は時間も足りず,どうしようもなかったですけど.
 まず元絵と目が違いすぎます.目が違うということは一から十まで何もかも違うようなもんです.肉の色も単調で如何にもおもちゃっぽい.どうすりゃかっこよい肌色になるのだろうか.

 不細工になったのでこの時点ですべてがどうでもよくなりました.雨降ってるしね.売れねえよこんなもん.司淳さんごめんなさい.




  1. 2004/08/29 (Sun) 03:07:42|
  2. - 001 皐月

ワンダーヘスティバル2004夏

 自暴自棄になって射精でもしようとしたら, (゚Ω゚)さんが準備のためタクシェーに乗って我が家に到着.その後,彼は夢の世界に舟を漕ぎに出かけてしまい,話し相手もなくなったので,ひとりで黙々とインストとラベルを完成させます.

 雨模様ながら外が明るくなってきたので,この日のためにハンズで買った安キャリーに荷物をくくりつけ,ザックに工具一式とカメラとレンズと不細工を突っ込んで,背中に日本一のノボリをぶっさして尻からキビダンゴを挿入し,雨中出陣してゆきました.

 ビックリサイトに向かう電車の中,我々の横には,オフィスレディ風美女を1人はさんで,女子ヲタ部員3人が座っておりましたが,ぶひゃぶひゃと大迫力のダミ声で品の悪いヲタ話を早口にぶちまける3人の剣幕に,横の美女が堪らず席を移動するのを見て,ずいぶんと意気消沈したりしました.そういえばあの手合いの女子って早口が多い気がします.中学んときにもそんなのいた.どうでもいいですが.

 国際展示場駅に降り立った我々は,しんしんと降りしきる雨の中,いつもならば開場待ちの最後尾を目指して10分も行列を辿るところですが,今回ばかりは誇らしげに安キャリーを引きずって,地べたに黒々と咲き並んだ傘の葬列を横目にビックリサイト入り口に向かいます.なんか列の先頭がどうなってるかってのを初めて見たのでちょっとコーフンしました.



 受付を済ませて卓に座り,朝っぱら母校に立ち寄って刷ってきたインストを折り折り,ラベルを貼り貼り,箱を組み組み,写真を入れ入れ準備に精を出していたおかげで,開場直前のうきうきをっちをイマイチ味わってるゆとりがありませんでした.訳もわからずイジ毛もーどに入っていた私が,こんなセコセコ準備しててもどうせ売れねえんだよもりもり,と誰にともなく悪態をついてたら(゚Ω゚)さんに窘められました.

 ところで,ディーラー奪取目当ての人間てのはやっぱりたくさんいるもんです.卓の上に空気以外のものが見当たらないディーラーがいっぱいいました.そういうのは大抵,よく肥えた腹を突き出して足の指で鼻くそをほじりながら手の指で耳くそをほじり,死魚のごとき視線をガイドブックに落としつつ,開場までの時間をただ漫然として口元を歪めているのでした(偏見).

 やがて「間もなく開場」を告げる館内放送が流れ,年末よろしくカウントダウンを合唱した後,沸きあがる拍手と同時にほうぼうの卓から鼻くそと耳くそが一斉に発射されました.続いて一足遅れた一般入場者が入り口に殺到して雪崩れ込み,血相を変えて抜き身の札束を打ち振りながらディーラーの卓をなぎ倒し,全裸に血ダルマで会場内を飛び回る阿鼻叫喚をにやにや傍観していたのですが,なんと開場10分にして初のお客さんが私の前に立ったのです.



 心の準備もそこそこに応対する私ですが,販売実習で鍛えたひきつり接客面にもつれる舌がヲタっぽさ全開でイヤになります.緊張のあまり版権シールを貼り忘れて売ってしまい(バレたらWF出入り禁止),慌ててシールを片手にお客さんを追いかける一幕もありました.

 その後は,私が,下半身生足にパンツ一丁てな容態でもりもり歩く変身女子に心を鷲掴みにされ,顔から血を噴きながらエレクトしてる間に,ちょっぴり不細工な皐月さんはあれよあれよと貰われてゆき,午後2時33分,遂に持ち込んだ20個を完売する快挙を達成しました.



 もっとも完売とは言うものの,諸経費を差っ引けば手元に残るのは僅かなお小遣いです.(゚Ω゚)さんに加えて,多忙の中遊びに来てくれた後輩君たちとメシ食ったらほとんど使い切ってしまいました.しかしタダで趣味ができたと思えばたいへん大きな収益なのです.

 それにしても自分が一から作った,お世辞にも上出来とは言えぬレジンの塊に高いお金を払って,あまつさえ「ありがとうございます」などと発言して嬉しそうに去ってゆく人々の何と尊いことか.そう感じたこの日の出来事を私は忘れまいと思いました.
 でもネット上のイベントレポートをちょっと見回った感じではどこも載っけてくれてねえのな.世の中の厳しさを思い知ります.

 お買い上げくだすった方,次はもっとまともなもん作るよう努力します.
 お世話になった多くの方々,貴重な経験をさせていただいてどうもありが㌧ございました.





  1. 2004/08/30 (Mon) 00:32:32|
  2. お人形一般
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。