火事場の安否確認

-- 刑事さん、あの人です。--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/-- (--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Summilux-M 35mm f/1.4

----------------------------------------
※この記事には以下のレンズ名が略称で登場します.
旧製品の正式名称はよく分からんですけど.

  Leitz Elmarit-M 28mm f/2.8
  Leitz Tele-Elmarit-M 90mm f/2.8
  Leica Summilux-M 35mm f/1.4
  Voigtlander Nokton classic 35mm F1.4
  Carl Zeiss C Biogon T* 2.8/35 ZM
  Carl Zeiss Biogon T* 2/35 ZM
  Carl Zeiss Distagon T* 1.4/35 ZM
----------------------------------------
 
 エルマリート28を調査検討する過程であっさりズミルックス35に惹かれ,次は是非これを手に入れなくてはいけないと考えました. とは言っても,目下高騰が続く相場にあって,「次」を2年後に据えたところでそのときの値段はどうなっていることやら. 撮影機会もそれだけ先延ばしになる. ややもすればうっかり死んでしまうかもしれない. 死んだ先には何もないので構いませんが,死際の後悔の種は減らしておくことが望ましい.
 
 それはそうと,もともとビオゴンを買うときに,ズミルックスと同じ35mmF1.4の光学スペックを持つノクトンと迷った経緯があります. なぜビオゴンのF2と迷わなかったかというと重たいから. ちなみにツァイスにはディスタゴン35mmF1.4もありますが,こちらはさらに重たい. 結局ノクトンのコマ収差を嫌ってビオゴンに落ち着いたのですが,ズミルックス開放のコマ収差はノクトンの比ではありません. 当時は忌避していたものに惹かれるのは年齢を重ねたからか. 2年しか経ってないけど.
 
 さて,死際の後悔をなくすべくズミルックスを求めてeBayを巡回する日々が始まりました. ところがエルマリートのときと違って適当な出物がなかなか見つからない. さらには値段が国内中古屋の相場と大して変わらない. しばらくは帰宅後に検索結果を更新する楽しみがあったのですが,待てど暮らせど同じ出品物がローテーションするばかりで飽きてきました. 買いたいものが買えないストレスは募り,2ヶ月を過ぎた頃,ついにeBayと決別. ウェブで得た情報にしたがって都内東部のある中古屋に向かったのでした.
 お店で見た現物は,ウェブでの印象よりも状態が悪く,絞り環にはガタがあり,フードは歪んで脱着にも難がありました. 当初は悩ましく思ったのものの,店を仕切る中年女性が極めて不愉快な人物でしたので,ささやかな値引きの申し出も断って店を出ました. あまりに不快だったため,目当ての在庫がないことを知りながらすぐ近くのテレエルマリートのお店に立ち寄ってしまったほどです. 去年テレエルマリートを買ったそのお店は,超絶狭くて冷房も効いていないけれども,店員さんの人柄も商売の姿勢もすばらしく,気分が浄化されます.
 心を落ち着かせたところで,第二候補の品物があった新宿へ. 先ほどの中年女性とは打って変わり,汗っかきな私が申し訳なさそうに手を拭き拭き商品確認するのを笑って許してくれたり,わざわざ荷物をどかして窓を開け,外を撮らせてくれたりと親切な案内をいただきました. ひとしきり話が盛り上がったところでめでたく購入.





 A7にくっつけたときのカッコよさは1000円フードのElmaritが上か.

 買い求めたのは353万台の1990年製で,社名がライツからライカに変わった後のものです. エルマリートが1969年製,テレエルマリートは1979年製だったので一番新しい. そして前の2本がカナダミッドランド製なのに対して初めてドイツウェッツラー製です.
 
 開放のクセもすごいですが,逆光特性の酷さもすごい. これを1995年までつくってたなんて. この描写は何物にも代え難いですが,ツァイスの代わりも決して務まらない. ツァイスの破綻のなさに改めて感心します.


 フォントが新しい.


 ライツ/ライカレンズ3本.


 遠慮のないゴースト.

 購入した当夜はちょうど新宿で飲み会だったので,お店に向かいがてら早速夜景を開放で撮って痺れました.












スポンサーサイト
  1. 2016/07/02 (Sat) 20:55:38|
  2. 写真・キャメラ

Elmarit-M 28mm f/2.8 2nd early

 お人形に続いてキャメラの話も記録記録. この記事のレンズを購入したのは3月の話です.

 去年 (2015年) の4月に上野のお店でテレエルマリート90mmを買ったら片ボケだった,という話を以前書いたのですが,その後大変よい対応をいただいて,再び修理品を受け取りに行ったときのこと. 店主さんに明治エッセルスーパーカップ超バニラを振る舞われ,二人でそれを食いながら冷房の効かない暑い店内でとりとめもない話をしたのです. 90mmの次に手を出すとしたら28mmはどうかなあと思っている,と水を向けたらば,エルマリート28mmの2世代目までが重い写りでいいよ,と勧められました. 当時,Mマウントのレンズはビオゴン35mmとSWF15mmを使っていましたが,ずっとニコンの24-70を持ち歩いていたせいか広角で撮る癖があり,35mmが少し長く感じることがあったのです.

 紆余曲折を経て,というか単に時間が経過して,2世代目の初期型 (以下,2nd early) に狙いを絞りました. 初代 (以下,1st) と2nd earlyでは光学系が違いますが,2ndの中でもearlyは1stと外観が共通です. 見てくれは1stが好きですが,程度のよい個体は40万円ほど. 2nd earlyはそれよりは安い. が,しかし.
 ということで悩んだ末に,前回で懲りたはずのオクチョンに手を伸ばしました. ただし塾生の巣窟であるヤホークではなく,eBayです.
 2nd earlyの生産数はたぶん2200本とか3200本とかで,市場にもホイホイとは出回らないと思ったのですが,そのときはタイミングよく,手頃な価格の良品が比較的あっさり見つかったのでした. でまあ,出品者も素性オープンなしっかり気味のカメラ屋さんですし返品もOKですし,ということで半ば衝動的に落札.



 231万台の1969年製です. ビオゴンに比べると大柄でズシリと重たい. シリコン&レジン用の秤に乗っけてみたら,レンズ単品で290gでした.



 ところでこのレンズの純正フードは,12501という樹脂製の角形ですが,これを宇宙で一番カッコいいフードだと考える愛好家が多いようです. このフードを使いたいがためにレンズを買う人もいるとかいないとか. そんな12501信者に私の使用状況を見せたら暴行を受けそうです. だってA7に角形フードは似合わないですもの.
 したがいまして現在の構成は,「Φ48→52ステップアップリング」 + 「マップカメラの真鍮枠プロテクター」 +「1000円の広角メタルフード」 となっております. なぜステップアップするかというと,Φ48のフードがないから. なぜΦ48→49じゃないかというと,きっとケラれると思ったから. Φ52でも結局ケラれたけど.
 レンズの先にゴテゴテと輪っかが取り付けられて余計なロゴ刻印もないので超絶精悍. ただ,1000円フードにウンコみたいなフォントで 「W 52mm」 とか書いてあるのがダセぇので,ペンキ的雑さで塗り潰してしまおうと思ってまだ実行してません.




 せっかくなので開放で撮りまくってますが,フォーカスの芯の周りの滲みとゴーストがたまりませんぬ. ニコンやツァイスの優等生レンズとはまったく違う味わい.














 次回はズミルックス編です.


  1. 2016/06/29 (Wed) 00:39:00|
  2. 写真・キャメラ

招猫寺界隈

 A7 + Biogon 35mm/F2.8,Tele-Elmarit 90mm/F2.8












  1. 2015/09/26 (Sat) 04:35:24|
  2. 写真・キャメラ

廣島寫眞

 仕事で出張がてら撮ってきました. 機材はA7+Biogon35mm/F2.8.



















  1. 2015/09/05 (Sat) 17:56:13|
  2. 写真・キャメラ

東上野・元浅草・寿

 Tele-Elmarit を修理に出すついでに,日頃馴染みのない場所をフラフラしてきました. 全部35mm.




















  1. 2015/05/24 (Sun) 16:52:08|
  2. 写真・キャメラ

Tele-Elmarit 90/F2.8

 ヤホークの失敗の後,連休の4日間を使って新宿銀座上野を行脚し,ねんがんのテレエルマリートをてにいれたぞ!
 ペンタックスS2 にくっついてた放射能レンズ,スーパータクマー55/F2 を除けば初の中古レンズ. そして初のライカっていうかライツのレンズ.

 A7配備から1年余り経ちましたけど,今のところA7 はMマウント縛り運用を決めていて,マウントアダプターつけっぱなしのまま,Biogon 35/F2.8 と SWH 15/F4.5 を使ってます. 今回,馴染の結婚式へ出かけるのに,D700 ではなくA7 を持参していつもと違う写真を撮ろうと考えたのをきっかけに,A7用の中望遠を調達することにしたんでした. とはいえ多用する画角ではなく,当初は光学スペック優先で安価に済ませることも考えましたが,割と序盤で気が変わりまして,思い直して選んだのが Tele-Elmarit 90/F2.8 です. 理由は軽いから. あとライカの割に安いから.
 というわけで億ションで落としたらバル切れしてたというのが前回のお話.
 
 その後めでたく億ションレンズは返品となりまして,いわゆる塾生さんと呼ばれる人々から買うのがめんどくさくなったので,素直に現物見て決めることにしました. まず向かったのが新宿. 銀座は高そうだったから. 数軒回りましたが,事前にネットで把握していた汚めのクモリ個体しか見つからず,あとは光学系が違って100g ほど重たい初期型しかありません. 新宿にはこの3日後も再訪したのですが,当たり前かもしれないけど在庫に変動なかったですね. プロヘッショナルのみなさんはどれくらいの周期で巡回してるんでしょうか.
 他日,仕方なく銀座へ出かけました. 銀座は新宿より相場が高いといいますが,もともとここ数年,PRC国の買い占めで日本のライカは高騰著しいです. 彼らは買い占めた後に修理をする文化も職人も持ち合わせがなく使い捨てでしょうから,地球上に存在する中古ライカの数自体が日増しに減ってゆき,かつてのような値段に戻ることはもうない. などと思いながらまた数軒回りますと,とあるお店でずいぶん綺麗な個体が格安で売られています. 「キズ」と断りがあるものの,なんと銀座のくせにヤホーク相場より安いじゃないですか. 逸る気持ちを抑えて見せていただきますと,外観はかなりよく動作も快調で,前玉に若干当てたようなキズがあるのみでカビもクモリもバル切れもない. と思いきや,ピントリングに見慣れぬツマミがついている. そしてツマミの接着剤が遠慮なくはみ出している.

 店員さん 「これたぶん後からくっつけたかもしれないね」

 かもしれないっていうか確実にそうでしょ! こんなバリエーション,インターネッツに載ってなかったもん!

 くおおおー! これは悩ましい. 店員さんに,ちょっと風に当たってきます,と言って一旦お店を出て,銀座の街で2時間ばかり立ったり座ったり風に吹かれたりしながら悩んだ結果,やはりツマミは許せません,という結論に達し,お店に戻ることなく帰宅.
 
 最後の頼みは上野です. 実はこのお店も事前に在庫があることを知っていました. 初めの印象としては少しお高めだったのですが,もはや仕方がない. もう出番まで日がない. ほぼ購入する心を決めた上で開店直後に訪ねました.
 現物を見たらウェブ画像以上に超絶美品. シリアルは300万台なので1979年製ですが,塾生なら未使用品を謳うんじゃないかというほどのキレイさです. しかもフードも付属でこちらもスレ一つない. この状態でこの値段の個体には当分は出会えなさそうですすす,と興奮しながら矯めつ眇めつ,持って来たA7 にもくっつけて無限遠と最短のチェックをさせていただき,実直そうなお店の方と譫言のような会話を交わして購入を決意. 一応の手続きとしてお値段交渉してみましたけれども,3000円下げていただいたところで恐れ多い気持ちになってしまい,あわあわとお金を下ろしに行ったのでした.
 支払いを済ませ,商品と書類を受け取って往来へ出た途端,ミニ四駆を買った小学生のごとく道端へしゃがみこんで包みを解き,改めてA7 につけてみると,射精するかと思うほどカッチョいい. ひとしきりアホみたいにスマホで撮って勇姿をツイターに上げ (ぼくが街中で射精する勇姿じゃないです) その後2日で500枚ばかり撮ってみたので載っけます. ミニ四駆を買った小学生は別に道端へしゃがみこまないかもしれません.
 
 使ってみた感想としては,ポートレートは素晴らしいです. 端正な空気感が痺れます. 被写体となった人物の人生の歩みが透けて見えるようです. 載せてませんけど.
 街角スナップの90mm は難しい. 気を抜くとみんな同じような画になります. とりあえず1/60秒だとブレますね. フードつけっぱなしで撮ってましたが,逆光性能が気になることはあまりなかったです. 糸巻きの歪みとパープルフリンジが出ます (下の作例は補正してあったりなかったり). あと気づいたんですけどね,右側が結構な後ピンですね.
 ...惜しいいいい!! 6ヶ月保証がついてたので早速電話してみたら,調整済みM型ライカでチェックして症状が再現するようなら修理屋さんに出してくれる,ということです. 最短工数1wk程度ということなので,お願いするのは件の結婚式が終わってからになりますけども,ヤフォークだったら相談もできぬところだった. よかったよかった.





 また枚数が多くなったので,アレを導入しました. これでいちいち別窓に飛ばなくて済む!
 でもファイル名を横構図と縦構図で分けてしまったので,まず横ばっかり表示してから縦ばっかり続きます. ちょっとカッコ悪いけどリネームするのめんどくさいから次回の教訓にしよう. 数人の目にしか触れないものだしw























  1. 2015/05/06 (Wed) 23:03:25|
  2. 写真・キャメラ

レンズ調達失敗

 ヤフォークでレンズ落としたらバルサムが切れてた.. 試し撮りで写りに不具合はなく,他はリアキャップが社外品だったくらいで問題ないので悩んだけど,バル切れレンズにあの値段払ったのは納得できずやはり返品することに.
 現物見て買いたいけど,ここのレンズは高すぎてお店じゃなかなか手が出せぬ. 90mmそんなに使わんしな. だからこそ手が届く値段でもあるんだけど. ぬぬぬ.






最上段2枚:D700 + Makro-Planar 2/50
他:A7 + バル切れレンズ



  1. 2015/04/29 (Wed) 17:02:42|
  2. 写真・キャメラ
  NEXT →

-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。